「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?

「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?

訪問者のデータを計測し、自社サイトにどんなユーザーが興味をもってくれているかを知るのに役立っていた「Googleアナリティクス」。次世代Googleアナリティクス「GA4」では、計測の考え方やレポート画面がいままでとは大きく変わりました。今回は、この「GA4」の特に大きな変更ポイントを4つに絞ってご紹介します。

次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
オンライン集客のためには習得必須ともいえるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」が、2020年10月に新バージョンにアップデート。「Googleアナリ.....

 
ビギニャー

そういえばシニヤン先輩、前に「GA」と「GA4」のこと教えてくれたじゃないですか。……実は僕、「GA4は新しいGA」ってことくらいしかわかってなくて……! 具体的にどう違うのかまでは理解できてないんです。


 
シニヤン

お、じゃあこの機会に、「GA4で大きく変わったところ」を勉強してみようか。
最初は難しく思えるかもだけど、ゆっくりかみ砕いていけばきっとビギニャー君もわかると思うよ。

「GA4」、4つの主な変更ポイント

特に重要な変更点は、以下の4点です。

  • cookieに依存しないデータ計測が可能になった!
  • セッション(サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れ)の定義が変わった!
  • エンゲージメント(サイト内行動の分析に使われる指標)の定義が追加された!
  • 機械学習で将来の予測が行えるようになった!

 
ビギニャー

セッションの定義……? エンゲージメント……む、むむむむむむ……!


 
シニヤン

大丈夫、ひとつずつ説明していくよ。


 
シニヤン

まず1つ目。GA4は、cookieに依存しないデータ計測ができるようになったんだ。

cookieに依存しないデータ計測が可能になった!

ネット上のプライバシー保護に対する認識に変化があった近年。 ITPの導入やGDPRの施行などによって、今まで個人情報とみなされていなかったcookieなどのデータも保護する動きが出てきていました。 ブラウザによっては、cookieの制限によって一部のデータが取得できない……ということも。 そこで「GA4」では、cookieに依存しない、いままでとは違った新しい形でデータを計測するようになったのです。 将来的にcookieを使った計測を行うツールは役に立たなくなってしまうことも懸念されていましたが、 「GA4」ならば問題なくデータを計測できるでしょう。

 
シニヤン

この「cookieに依存しないデータ計測」は、GA4の「時代の変化に従った進化」のひとつだね。


 
ビギニャー

ふむふむ、制限の中でもデータが計測できるように……ってことですね。


 
シニヤン

そうそう。ちなみに、2つ目・3つ目も「時代の変化に従った進化」といえるかな。
2つ目、GA4はセッションの定義が変わったんだ。

セッションの定義が変わった!

サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れのことを指す「セッション」
この「セッション」の定義が変わったことで、セッション計測の仕組みも変化しました。

GAでは、参照元情報(ソース、メディア、キャンペーン、キーワード等)が変わったり、日付を跨いだりした場合
基本的に「再訪であっても異なるセッション」として計測していました。

これがGA4では、参照元情報が変わったり日付を跨いでも、
「30分以内の再訪であれば1つのセッション」として計測するようになったのです。

たとえば、Yahoo!検索で訪問したすぐ後にGoogle検索で再訪問した場合、
GAは2つのセッションとして計測しますが、GA4だと1つのセッションとして計測します。

これにより、ページの評価が今までより正確になりました。

 
ビギニャー

なるほど、つまり「数え方のルールが変わった」みたいな感じでしょうか!?


 
シニヤン

あはは、大体そんな感じ。


 
シニヤン

そして3つめ、GAはエンゲージメントの定義が追加されたよ。

エンゲージメントの定義が追加された!

GA4では、「セッション」に対して「エンゲージメント」が発生したかどうか?という計測が可能になりました。
「エンゲージメント」とはつまり、サイト内での行動の分析に使われる指標です。

以下の3点のいずれかの条件を満たした場合、「エンゲージメント」が発生したと判断されます。

①セッションが 10 秒以上継続する
②コンバージョン イベントが発生する
③ページビューが 2 件以上発生する

これによって、
たとえばGAでは基本的に「サイト内の1ページしか閲覧していないユーザーは、滞在時間に関わらず低評価」であったのが、
GA4では「滞在時間が長いユーザー(=エンゲージメントが発生したユーザー)は、サイト内の1ページしか閲覧していなくても高評価」
として計測されるようになり、サイトの評価をさらに正しく行えるようになったのです。

 
ビギニャー

なるほど、つまり……2つ目の「セッションの定義が変わった」のに関係してる、ってことですね!?


 
シニヤン

うんうん。2つあわせて、「評価の基準が変わった」という風に認識しても分かりやすいかもしれないね。


 
シニヤン

そして最後に4つ目。GA4では、機械学習で将来予測ができるようになったんだ。
この4つが、GA4の主な変更点だよ。

機械学習で将来の予測が行えるようになった!

GA4では、継続したデータ計測を行うことによって、そのデータをもとに「予測指標」を利用できるようになりました。

たとえば、「今後1週間以内に商品を購入する可能性の高いユーザー」や「今後1週間以内に離脱する可能性の高いユーザー」、
「売上の高い可能性があるユーザー」
などを、Googleの機械学習モデルを使って予測することができるのです。

時代の変化に合わせて進化し、今なおアップデートを重ねている「GA4」。
今はまだ「進化の最中」のツールですが、将来的には「GA4」がアクセス解析の主流になってくるでしょう。

今のうちに、少しずつマスターしていくといいかもしれませんね。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、無料でGoogleアナリティクスの分析レポートをお出しし、分析のサポートを行っています。

「Googleアナリティクスで分析してみたいけど、やり方がわからない・・・」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

「評価方法」が違う?「GA4」、旧ver.からの一番大きな変更点
「評価方法」が違う?「GA4」、旧ver.からの一番大きな変更点
オンライン集客のためには習得必須ともいえるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」が、2020年10月に新バージョンにアップデート。「Googleアナリ.....

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介