【画像解説】Googleタグマネージャー(GTM)とは?使い方と設定方法を優しく解説

【画像解説】Googleタグマネージャー(GTM)とは?使い方と設定方法を優しく解説

Googleタグマネージャー(GTM)は、Webサイトの訪問人数やユーザーの行動を計測するために必要となるタグを一元管理するためのツールです。たくさんあるツールを簡単に管理できるGTMは、メディアを運用している企業なら絶対に導入しておきたいツール!今回はメリットや使い方、利用時の注意点について優しくご紹介します。

タグ
「タグ」とは、広告の計測やアクセス解析のツール、SEOなどといった多様な機能をサイトに組み込むためのコードのことです。 たとえばGoogleアナリティクスでアク.....

 
ビギニャー

先輩……。今担当している企業のメディア運用を任されているんですけど、計測用のタグが多すぎて混乱してしまっているんです……。効率よく管理する方法ってないんですかね?


 
シニヤン

あぁ、僕も経験あるよぉ。数が多いと混乱しちゃうよね……。Googleタグマネージャーはもう使ってみた?


 
ビギニャー

Googleタグマネージャー!?初耳です!!

Googleタグマネージャー(GTM)とは?

Googleタグマネージャー(GTM)とは、Googleから提供されている、タグをマネジメントするためのツールです。
このツールを活用すると、たくさんのタグを効率的に一元管理・更新できるようになります。

そもそも、Webサイトの訪問人数やユーザーの行動を計測するためには、各ツールから指定されているタグをメディアのHTMLへ埋め込む必要があります。
実際、Googleアナリティクスなどを使ったことがある方であれば、タグの設置作業を経験したことがあるでしょう。

設置するタグはツールによって異なりますし、ページひとつひとつにタグを設置していく作業はとっても手間がかかりますよね。
そこでGTMを活用することで、業務を大幅に効率化できるのです。

ちなみに、GTMはGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクスもしくはGA4)と連携することも可能です。
両ツールを連携させると、以下のようなメリットが生じます。

  • 管理作業がシンプルになって業務を簡素化できる
  • ページの表示速度が早くなる
  • 手作業でタグを埋め込む必要がなくなる

連携の手順については記事の後半で詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
オンライン集客のためには習得必須ともいえるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」が、2020年10月に新バージョンにアップデート。「Googleアナリ.....

 
ビギニャー

へぇ~!たくさんのタグを一気に管理できて、更新まで出来ちゃうんですか!?すっごく便利ですね!


 
シニヤン

そうなんだよぉ。だから、ビギニャー君みたいにタグの管理に困っているメディアの運用者にはおすすめなんだよ。


 
ビギニャー

さっそく使ってみたいです!でも、Googleタグマネージャーを使うと具体的にどんなことができるようになるんですか?

Googleタグマネージャーのメリットや効果

Googleタグマネージャーを活用すると、どのようなメリットや効果があるのでしょうか。
ここでは、GTMがおすすめの理由についてご紹介します!


①無償利用が可能

GTMは、無償で利用できます。
実際には、1つのサイトに対して設定作業環境である「ワークスペース」が3つまでしか利用できませんが、よほど大規模なメディアでなければ有償プランが必要になることはありません
まずは無償プランで使ってみて、必要に応じて有償プランを検討するという使い方で問題ないでしょう。

②効率に一元管理が可能

GTMを利用すると、各ページのHTMLコードに手を加えることなく、タグの追加や編集、削除などが行えるようになります。
ひとつの管理画面上から「このタグはこのページへ」という操作が行えるため、一元管理や作業の簡素化に役立ちます。

管理画面に入力して保存すればページに反映されるので、編集作業が大幅に短縮されますし、タグの設置漏れも防げるでしょう。
また、GTMを使うとタグの配置が最適化されるので、ページの軽量化効果も得られるケースがあります。

③トラブルに対応しやすい

GTMには、作業前の設定などをまるごと保存する「バージョン」という機能があります。
つまり、過去の設定内容がバックアップとして残されるので、もしも設定をミスしてしまってもすぐにもとに戻せるというわけです。

慣れない方がタグをいじってしまうと、予期せぬエラーやトラブルの原因となりやすいです。
知識がないとエラーの原因を突き止めることも難しいですし、やむを得ずメディアの公開を一時停止する事態に陥るケースもあるかもしれません。

バージョンの機能があればすぐに作業前の状態に戻せるので、トラブルのリスクを大幅に低減できます。

④Googleサービスと相性がいい

GTMは、各Googleサービスとの相性が非常に良好です。
GoogleアナリティクスやGoogle広告などの関連サービスを利用している場合は、より連携しやすくなったりタグを簡単に設置できるようになったりします。

タグマネージャーはほかの企業からも提供されていますが、Googleサービスを愛用している場合は、まずGTMを利用してみることをおすすめです。

⑤権限を与えることで、外部企業に管理作業を一任することが可能

自社で多くのメディアを運用している場合や管理のノウハウがあまりない場合は、外部の企業にタグマネージャーの権限を与えることで、管理作業を代行してもらうことが可能です。

従来の手作業で管理する方法の場合、他の企業にタグの管理を依頼するときは、すべてのメディアのログイン情報やいくつもあるタグを渡さなければなりませんでした。
数多く存在するメディアのログイン情報を渡すのは手間ですし、セキュリティ的にも不安が残りますよね。

GTMであれば、タグマネージャーの権限を与えるだけでさまざまなメディアのタグのみを管理できるようになるので、外部業者に管理作業を任せるときも安心です。

HTML
「HTML(Hyper Text Makeup Language)」とは、Webページを構築するときに用いられる言語のひとつです。もっとも一般的な言語で、Web.....

 
ビギニャー

無料で使えてタグの編集も一気にできちゃうんですね!すごいすごい!でも、これだけ高機能だと導入が難しいんじゃないんですか?


 
シニヤン

全然そんなことないよぉ。Googleタグマネージャーは、初心者のビギニャー君でも導入や初期設定ができるシンプルな操作性が魅力なんだ。


 
シニヤン

ここでは、実際の画面を見ながら使い方を見てみようか。

Googleタグマネージャーの導入の仕方と初期設定

それでは、実際にGTMを導入したいときはどのような流れで作業を進めればいいのでしょうか。
ここでは初心者でも簡単にできるよう、導入の仕方と初期設定について詳しく説明します。


導入・初期設定方法

①公式サイトへアクセスしてアカウントを作成する

まずは、Googleタグマネージャーの公式サイトへアクセスします。
トップページに「無料で利用する」の表示があるので、そこをクリックしましょう。
この際、Googleアカウントへのログインが求められるので、持っていない場合は登録するところから始めてください。


②アカウントとコンテナの設定をする
ログインが完了すると、アカウントの作成画面が表示されます。

アカウント名に任意の名前を入れて、国は「日本」を選択してください。
アカウント名はあとから変更できるので、難しく考えなくて大丈夫です。

次に、コンテナの設定をします。

コンテナとは、GTMで設定を行うサイトのことです。
ここで設定するのはあくまで名前なので、「このドメインしか使えない」ということはありません。
わかりやすいコンテナの名前を設定して、使用場所は「ウェブ」を選びましょう。
「作成」を押して利用規約を読み、右上の「はい」ボタンを押します。


③サイトのHTMLへGTMタグを設置する
設定が終わると、GTMのタグが表示されます。

このタグをコピーし、タグマネージャーを利用したいWebサイト全ページのHTMLに貼り付けてください。
上段のタグは上側のタグは<head>タグ内に、下段のタグは<body>開始タグの直後に設置します。

このタグは、ページ右上「プレビュー」の左側にあるコンテナIDをクリックすればいつでも見られるので、忘れてしまっても焦る必要はありません。


④ワークスペースにタグを追加する
ここからは、いよいよ埋め込みたいタグの設定に入ります。
まずはワークスペースの「新しいタグを追加」を選択し、左上のラベルにわかりやすいタグの名称を入力しておきましょう。

タグを追加するときに設定するのは、以下の2つです。
・タグ:ツール種類を選択し、指定されたタグやIDを貼り付けます。
・トリガー:タグが発動する条件を設定します。


⑤プレビューモードで確認する
登録したいタグが設定できたら、ワークスペースの右上にある「プレビュー」をクリックし、実際にGTMタグを埋め込んだWebサイトを別タブで開いてみましょう。
画面下にGTMのプレビューモードが表示され、「Tags Fired On This Page」に該当のタグが表示されれば問題ありません。


⑥タグを公開する
タグの発動を確認できたら、ワークスペースに戻ってプレビューモードを終了し、公開ボタンを押せばタグの設定は終了です!


Googleアナリティクスの連携方法

①「新しいタグを作成」をクリック
②タグの設定から「Googleアナリティクス」を選択し、計測IDを入力する

※GA4の管理画面→プロパティ→データストリーム→計測したいウェブストリーム→右上の測定IDから確認可能
③トリガーを「All Pages」に設定する
④プレビューし、問題がなければタグを公開する

GTMの基本的な導入方法と設定方法は以上です。
とくに難しい操作はありませんが、自社で設定できない場合は、専門のノウハウを持っている企業に相談したほうがスムーズでしょう。

 
ビギニャー

わぁ……!本当に全然難しくないですね!これなら僕でもすぐに使えそうです!すぐに導入してみます!


 
シニヤン

うんうん、頑張ってね。Googleタグマネージャーを使うときは3つのポイントに注意する必要があるから、最後に注意点についても伝えておくね。

Googleタグマネージャーの注意点

GTMを使うときは、以下の3つのポイントに気をつけましょう。

①拡張機能を利用してタグの機能を確認しておく
GTMのタグがきちんと作動しているかどうか確認するためには、Google Chromeの拡張機能が必要です。
無料でダウンロードできる「Tag Assistant Legacy (by Google)」という拡張機能でタグの作動状況が確認できるので、念のためインストールしておきましょう。


②タグが正しい位置に設置できているか確認する
GTMでタグの設置を行ったあとは、正しい位置にタグが設置できているかを確認しておくと安心です。

たとえば、購入や資料請求に対するお礼を表示する「サンクスページ」のPV数を計測したかったのに、その前に表示されるページにタグが設置されてしまうなどのミスがあれば、せっかくGTMを活用しても正しい情報を得られなくなってしまいます。
手間ですが、正しい位置にタグが設置されているか確認してから運用することを心がけましょう。


③重複計測に気をつける
あらかじめGoogleアナリティクスなどを導入しているメディアでタグマネージャーを導入する際は、重複計測に気をつけましょう。

重複計測とは、データが二重で計測されてしまうことです。
もともと手作業でタグを埋め込んでいるサイトで再度GTMの設定を行うと、重複計測が起きてPV数や直帰率の数値が誤ったものになってしまいます。


「PV数がいきなり突然増えた」「直帰率が突然50%以下になった」という場合は二重計測が疑われるため、①でご紹介した拡張機能などを使ってタグの状況を確認してみてください。

サイト訪問者数を調べるには? GA4を使った詳しい見方とポイント
サイト訪問者数を調べるには? GA4を使った詳しい見方とポイント
自社のWebサイトがどれくらいの人に見られているのかを知ることは、マーケターにとって非常に重要です。そしてGoogleアナリティクスは、そういったデータを調べる.....

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
無料でGoogleタグマネージャーの導入から設定、運用のサポートを行っています。
「GTMを使って業務を効率化してみたいけど、やり方がわからない・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちら

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介