初めてでもわかるLINE公式アカウント!できることや料金を解説

初めてでもわかるLINE公式アカウント!できることや料金を解説

LINE公式アカウントとは、SNSのLINEに自社アカウントを作成した企業や店舗が、情報を発信したりユーザーとコミュニケーションを取ったりして、集客や認知拡大などを狙ったりできるサービスのこと!料金0円から利用できて集客効果が抜群のLINE公式アカウントは、マーケティングで活用しないともったいない!今回は、LINE公式アカウントの料金やできることについてまとめました。

【LINEマーケティング入門編】効果と機能、事例をやさしく説明
【LINEマーケティング入門編】効果と機能、事例をやさしく説明
LINEマーケティングとは、SNSアプリのLINEを活用して認知拡大や集客、売上アップを目指す販売戦略です。LINEを使うと、お客さまとコミュニケーションを取っ.....

 
ビギニャー

先輩、ちょうど先日LINEマーケティングについて教わってから、タイミングよくお客さんにLINE公式アカウント運用の相談をされたんです!でもよく考えたら、僕LINE公式アカウントのことをあまり知らなくて……。


 
シニヤン

おお、それはナイスタイミングだったね。この間は概要を話しただけだから、今日はLINE公式アカウントについてもっと詳しく勉強してみようか!


 
ビギニャー

わぁい!先輩ありがとうございます!

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、SNSアプリであるLINE上に企業や店舗などが自社アカウントを作成し、お客さまに情報を届けたりいろいろな機能を提供したりできるサービスのことです。

実際に、無料スタンプのダウンロードや割引を受けるために、企業のLINEアカウントと友だちになったことがある方は多いかもしれません。
このように、集客や販売促進のために使われる企業のLINEアカウントが、LINE公式アカウントなのです。

以前は、大企業向けの「LINE公式アカウント」と中小企業・店舗向けの「LINE@(ラインアット)」の2つの種類に分かれて提供されていましたが、現在はすべての機能が「LINE公式アカウント」にサービス統合されました。
LINE公式アカウントは、業種や事業規模を問わずに利用できます。

【成功事例】SNSマーケティングは絶対にやるべき!?効果や始め方を解説
【成功事例】SNSマーケティングは絶対にやるべき!?効果や始め方を解説
SNSマーケティングとは、InstagramやTwitterなどのSNSを活用して、商品やブランドを宣伝したりユーザーと交流したりするマーケティング戦略です。S.....

 
シニヤン

ついでに、LINE公式アカウントを開設するメリットについてもおさらいしてみようか!


 
ビギニャー

はい!お願いします!!

LINE公式アカウントのメリット

マーケティングや集客のためにLINE公式アカウントを活用すると、以下のようなメリットが得られます。

①無料で利用を開始できる

利用するアカウントの種類や機能によりますが、LINE公式アカウントは初期費用なしで月々0円から利用開始できます。
アカウント開設のためにコストをかける必要がないので、予算が取れない企業や小規模な店舗でも、負担を抑えて始めやすい点が大きなメリットでしょう。
最初は無料で始めて、効果や集客を実感できてから有料機能を使用するということも、もちろん可能です!

②集客や販売促進に便利な機能がたくさん

LINE公式アカウントには、とにかく集客や販売促進に便利な機能がたくさん搭載されています。
メッセージの送受信はもちろんのこと、ショップカードやクーポン、予約機能、電話機能などの利用が可能。
ユーザーの反応をレポートで確認することもできるので、効果を測定しながら施策を実施できます。

③多くのお客さまに情報を届けられる

LINEの最大の強みは、ユーザー数の多さです。
2021年12月末時点での国内ユーザー数は9,000万人を突破し、人口カバー率は70%オーバー。[注1]
ここまで多くの人に使われているSNSはほかにはないので、できるだけ多くの消費者にリーチしたいというときは、LINEの活用がイチオシです。

LINEの公式発表によると、LINE公式アカウントからメッセージを受け取ったユーザーの2割がすぐに開封し、3~6時間以内には過半数、当日中に8割もの人が開封に至っていることがわかっています。[注2]
中身を見られずに削除されたり捨てられたりすることが多いメルマガやDMと比べて、非常に多くのユーザーに情報を見てもらえる点がLINEの特徴なのです。

[注1]LINE for Business|LINE広告とは
https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/

[注2]LINE for Business|LINE公式アカウントを
店舗で活用するメリット
https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/

 
ビギニャー

やっぱり、マーケティングや実店舗集客のための手法として、LINEってすごく魅力的ですね!


 
シニヤン

そうだね。無料で始められるうえにいろいろな機能が使えるから、本当におすすめなんだ。


 
ビギニャー

その「いろいろな機能」って、メッセージ配信のほかにどんなものがあるんですか?

【LINE公式アカウントでできること】販促機能

LINE公式アカウントで使える機能は、とっても盛りだくさん!
まずは、販売促進に活用できる機能について見ていきましょう。

・メッセージの配信
友だち登録してくれているユーザーに対して、メッセージを配信できます。
テキストはもちろんのこと、スタンプや画像、動画、ボイスメッセージなどの送信も可能。
文字だけではなく視覚にもしっかりと訴えかけることで、より興味を抱いてもらいやすいアプローチが実現できます。

・リッチメニュー
トーク画面の下部に、メニューを固定できます。
たとえば、「メニュー一覧」「クーポン一覧」「アクセス」「開催中のキャンペーン」などといったメニューを固定しておけば、お客さまはホームページを訪問することなく、LINEから簡単に情報を収集できます。

ショップカード
実店舗の集客を行いたいときは、ショップカードの活用がおすすめ!
来店のたびにポイントを貯められるデジタルショップカードを作成できるので、ポイントカードを忘れてしまうお客さまを減らせます。

・クーポン
クーポンの配信や抽選キャンペーンを行うことも可能です。
友だち登録後のクーポン配布や抽選の実施などがLINE上で行えるので、企業や店舗側の業務負担を大幅に低減できます。

・LINE VOOM投稿
LINE VOOMとは、動画コンテンツを投稿したり閲覧したりできる機能です。
TikTokやInstagramのリールに似た機能だと考えておくと、わかりやすいかもしれません。
動画で商品や店舗をアピールできますが、友だち登録とは別に「フォロー」してもらわなければ、動画を見てもらえない点に注意が必要です。

・LINEで予約
LINEの店舗情報やラインアカウントのプロフィール、トークルームなどから簡単にお店の予約ができます。
アプリを切り替える必要がないので、気軽に予約してもらいやすい点がメリットです。

2022年は動画マーケティングに注目!効果と成功事例で魅力をご紹介
2022年は動画マーケティングに注目!効果と成功事例で魅力をご紹介
動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用して宣伝や集客を行うマーケティング戦略のことです。テレビよりYouTubeを見る人も増えている今、動画は販売戦略に欠.....
 
シニヤン

LINE公式アカウントでは、販促のほかにも顧客のサポートに活用できる機能が搭載されているよ!

【LINE公式アカウントでできること】カスタマーサポート機能

次に、カスタマーサポートの際に活用できる機能について紹介します。

・チャット
一方的にメッセージを配信するだけではなく、チャットでお客さまと1対1のコミュニケーションを取ることも可能です。
人が対応する一般的なチャットに加え、自動応答メッセージ機能も搭載。
事前に登録したメッセージをランダムに返信する「自動応答機能」、特定のキーワードに応じた返信を自動で送る「キーワード応答機能」、AIが自動で応答する「シンプルQ&A機能」が利用できます。
もちろん、日常的なコミュニケーションとして活用しても問題ありません。

・LINEコール
無料で音声・ビデオ通話ができる「LINEコール」でカスタマーサポートをすることもできます。
お問い合わせなど、一部のコミュニケーションは文字よりも電話のほうがスムーズなケースもあるでしょう。
電話番号が不要なので、お客さまは安心してお問い合わせができます。

・調査機能
LINEのアンケート機能を使い、商品や接客品質などについてリサーチできます。
アンケートの内容をカスタマーサポートに反映してもいいですし、商品開発やマーケティング施策に活かしてもいいでしょう。
LINEなら気軽にアンケートに回答できるので、多くの反応が期待できます。
また、NPS(ネットプロモータースコア)という指標を使って、アカウントの満足度を10段階で評価してもらうことも可能です。

どんな種類があるの?LINE広告のターゲティング方法
どんな種類があるの?LINE広告のターゲティング方法
コミュニケーションアプリ 「LINE」に広告を出稿するための広告配信プラットフォームである「LINE広告」。 新規獲得に強みを持つ広告ですが、その効果を最大限に.....
 
シニヤン

販促やカスタマーサポート以外に使える便利機能についても、押さえておこう!

【LINE公式アカウントでできること】その他の機能

LINE公式アカウントには、ここまで紹介してきた以外の用途に使える機能も搭載されています。
ここでは、とくに押さえておきたい便利な機能を3つ紹介します。

・A/Bテストメッセージ
この機能は、LINE上でABテストを行えるという便利なもの!
複数のメッセージを作ってそれぞれを特定のユーザーに配信することで、もっとも効果的だったメッセージを判別できます。
「メッセージを送信できる友だちが5,000人以上」という条件はありますが、気軽にABテストができる点は大きなメリットでしょう。

・LINEログイン
LINEログインは、ほかのアプリとLINEのIDを連携し、ラインアカウントを使って会員登録やログインをできるようにするサービスです。
タップひとつで登録やログインができるようになるため、ECサイトなどへの登録数増加や離脱防止効果を得られます。

・友だち追加広告(CPF)
LINE広告で提供されている「友だち追加」の広告を、LINE公式アカウントから簡単に出稿できる機能です。
シンプルな操作だけで少額の予算から出稿できるので、より多くの友だちを獲得したいときに活用できます。

なお、上記の機能を利用するときは、オプション料金が発生することがあります。
検討している方は、必ず事前に費用を確認してから導入しましょう!

ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!
ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!
マーケターなら一度は聞いたことがあるであろう単語「ABテスト」。でも、やってみたことはありますか?今回は、「ABテスト」とはどんなものなのか、実際にやってみると.....

 
ビギニャー

へぇ~、こんなにいろいろな機能が使えるなんて知りませんでした!でも、こういった機能がすべて無料で使えるわけではないんですよね?


 
シニヤン

そうだね。LINE公式アカウントは3つの料金プランに分かれていて、配信するメッセージの数によって最適なプランが異なるんだ。


 
ビギニャー

先輩っ!詳しい料金について教えてください!

【料金】LINE公式アカウントの種類

一口にLINE公式アカウントと言っても、実は料金ごとに3つのプランが用意されています。
それぞれのプランの内容は、以下のとおりです。※

〈フリープラン〉
・月額固定費:無料
・無料メッセージ通数/月:1,000通まで
・追加メッセージ従量料金/通:使用不可

〈ライトプラン〉
・月額固定費:5,000円
・無料メッセージ通数/月:15,000通まで
・追加メッセージ従量料金/通:5円

〈スタンダードプラン〉
・月額固定費:15,000円
・無料メッセージ通数/月:45,000通まで
・追加メッセージ従量料金/通:~3円

たとえば、ライトプランのアカウントを利用している企業が月に50,000通メッセージを送る場合、料金プランは以下のとおりです。

15,000円(無料配信45,000通)+15,000円(従量課金5,000通×1通3円)=30,000円

まずは無料アカウントで運用を開始して、必要に応じてプランを変更するとスムーズでしょう。

LINEの公式サイトでは、通数費用シミュレーターツールが提供されています。
コストをしっかりと把握してから導入したいときは、活用してみてくださいね!

 
ビギニャー

なるほど……。この基本料金をベースに、使った分だけ料金が追加されていくってことですね!友だちの数や配信回数に合わせて、自社に合ったアカウントで登録することが大切ですね。


 
シニヤン

さすがビギニャー君、飲み込みが早いね!最後に、LINE公式アカウントを運用するときに気をつけたいポイントを教えるね。


 
ビギニャー

ありがとうございます!さっそく相談してくれたお客さんに伝えてみます!!

LINE公式アカウントを運用するときのポイント

効果のあるLINE公式アカウント運用にするためにも、以下のポイントを意識してみましょう!

①友だちを増やす

LINE公式アカウント運用の基本となるのが、友だち登録してもらうこと。
友だちになってもらえなければ、メッセージやチャットの機能が使えません。
公式アカウントの存在を知らせるPOPを設置したり、友だち限定のクーポンを配布したりなど、友だちを増やす方法はさまざま!
詳しくは別の記事でご紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

②有益な情報を発信する

たとえ友だちになってもらっても、その状態を維持できなければ意味がありません。
ミュートされたりブロックされたりしないように、お客さまにとって有益な情報を発信し続けることが大切です。
情報の内容はもちろんのこと、画像や動画を使って見せ方を工夫するなど、さまざまな施策が必要となります。

③ブロックされないように気をつける

先述したように、一度友だちになってもらってもブロックされてしまう可能性がある点に注意しましょう。
ブロックされてしまえば、せっかく獲得した友だちに情報を届けられなくなります。
配信の時間が夜遅かったり、毎日連続して配信したりするとお客さまから反感を買う恐れがあるので、適切な時間・頻度で配信することを意識しましょう。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
お客さまの課題に合わせたCRMソリューションを提供しています。
データ分析から戦略立案、その先の制作・運用までサポートできますので、
「なかなか初回購入から2回目の購入まで至らない・・・」
「既存顧客が離れていってしまう・・・」

既存顧客の育成にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介