2022年は動画マーケティングに注目!効果と成功事例で魅力をご紹介

2022年は動画マーケティングに注目!効果と成功事例で魅力をご紹介

動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用して宣伝や集客を行うマーケティング戦略のことです。テレビよりYouTubeを見る人も増えている今、動画は販売戦略に欠かせないコンテンツになりつつあります!この記事では、動画マーケティング効果や施策事例、方法についてご紹介します。

動画広告とは?メリットや種類を初心者向けにやさしく解説!
動画広告とは?メリットや種類を初心者向けにやさしく解説!
なんだか最近目にすることも多い「動画広告」。近年では市場規模が拡大傾向にあり、多くの企業に注目されているようです。今回は、そんな「動画広告」のメリットやポイント.....

 
シニヤン

あれ?ビギニャー君、もしかしてスマホで動画編集してるの!?


 
ビギニャー

先輩、そうなんです!といっても、友達からお願いされて旅行の動画を切り貼りしているだけなんですけどね!


 
シニヤン

へぇ~。そんなスキルがあるなら、うちの動画マーケティングをお願いしちゃおうかな?

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画コンテンツを活用して宣伝や集客する販売戦略です。
商品の認知度アップだけではなく、ECサイトへの誘導やブランディング、商品購入などいろいろなことを目的に実施されます。

たとえば、以下のような施策が動画マーケティングの一例として挙げられます。

・YouTubeやSNSで自社商品の紹介動画を公開する
・自社サイトに利用者のインタビュー動画を載せる
・就活生向けイベントで自社のVTRを流す


近年は、YouTubeやTikTokなどといった動画プラットフォームの利用者数が増えてきているため、動画マーケティングを取り入れることでより効果的に訴求できると話題なんですよ!

ブランディング
「ブランディング」とは、企業などが自社の製品やサービス、企業自体の価値やイメージを高めてブランド化することを指します。 市場を作り認知度の向上や売上の向上を目指.....

 
ビギニャー

動画マーケティング、実は興味があったんです!最近やってる企業が増えてきていますよね?


 
シニヤン

そうなんだよね。だからうちも積極的に取り入れないきゃな~と思ってて。ちなみにビギニャー君、近年動画マーケティングが重要視されている理由ってわかる?


 
ビギニャー

え、えっと……!

動画マーケティングの重要性と市場規模

最近、動画マーケティングの重要性が増してきているのは、ユーザーが動画コンテンツに触れる機会が激増したから

最近は、スマートフォンの性能や5Gなどの通信技術が発達して、動画を視聴することが当たり前の生活になりましたよね。
その影響で、あなたの身の回りにも「テレビは見ないけど、YouTubeは毎日欠かさずに見る」という人が増えてきているかもしれません。

クロス・マーケティングが行った2020年の調査によると、10~20代の年代では男女ともにテレビよりもYouTubeを視聴する時間が長い人が多いことが判明。[注1]
また、2018年時点における動画広告の市場規模が1,843億円だったのに対し、2022年には4,470億円に達すると予想されています。[注2]

このようにデータを見ても、動画コンテンツのニーズは高まっていることがわかります。
それに伴い、今までのようにマス広告を出すだけでは、お客さまに商品を認知してすらもらえない可能性が出てきました。
だからこそ、現代の企業にとって動画を活用したマーケティング戦略は重要になっているのです。

 
ビギニャー

技術の進歩や5Gって、ビジネスにいろいろな影響を与えるんですね……!


 
シニヤン

そうだねぇ。技術の進歩はもちろんなんだけど、ほかにもたくさんメリットがあるから、動画マーケティングは多くの企業で活用されているんだよ。

動画マーケティングのメリットと効果

動画マーケティングを行うと、以下のようなメリットが得られます。

①膨大な情報を詳細まで伝えられる

動画を活用するメリットは、やっぱり伝えられる情報の多さ!
文字や写真だけではわかりにくい情報も届けられるので、商品の魅力をしっかりと知ってもらえます。

②記憶に残りやすい

アメリカ国立訓練研究所が提唱した「ラーニングピラミッド」によると、人間の記憶の定着率が「文字を読むだけ」のときは10%なのに対し、「動画コンテンツを見たとき」は20%に上昇することが判明。
つまり、動画を活用することでより記憶に残りやすい広告やコンテンツを作成できるということなのです。

③拡散されやすい

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツは、タップひとつでさまざまな相手に拡散できます。
面白いコンテンツを作ってシェアしてもらえば、認知拡大に効果的!
一般的な広告はユーザー同士の拡散が生まれにくいので、気軽にシェアできるのは動画コンテンツならではのメリットでしょう。

④ブランディングできる

動画では、商品だけではなくブランドや企業、コンセプトなどについても伝えられます。
「どんな思いを込めてブランドを作ったのか」「どんなこだわりを商品に詰め込んだのか」といったストーリーも映像として伝えられるので、ブランドのファンを生み出す効果が高まります。

⑤ターゲティングや効果検証をしやすい

動画マーケティングは、動画を届ける相手を絞り込む「ターゲティング」を行いやすいうえに、解析ツールで視聴したユーザーの属性や行動などを分析することが可能です。
そのため、届けたい相手にピンポイントで効果的にアプローチできて、施策の改善策を見つけやすいという大きなメリットがあります。

【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
ユーザーの興味・関心に対して最適化した広告を配信できる「ターゲティング広告」。デジタルマーケティングではとても重要な広告手法のひとつですが、どんな仕組みの広告な.....

 
ビギニャー

たしかに、文字や写真より動画で紹介された商品のほうが、興味を惹かれやすいし印象に残ります!動画マーケティング、いいこと尽くしなのでは!?


 
シニヤン

でもね、デメリットもあるから、導入するときは慎重に計画を立てることが大切なんだよ。

動画マーケティングのデメリット

メリットが多い動画マーケティングですが、制作にリソースやノウハウが必要になる点がデメリットとして挙げられます。

そもそも、動画を作るときは企画や撮影、編集といった複数のプロセスが必要ですし、出演者のキャスティングやBGMの用意、ナレーションも必要になるでしょう。
「ただ撮って公開すればいい」という単純なものではないので、機材を揃えるだけでも想像以上に手間とコストがかかることを理解しておかなければいけません。

自社で動画を制作できない企業はプロの業者に依頼することになりますが、そうなれば多くの費用や制作期間が必要になるでしょう。
あらかじめスケジュールや予算を確認したうえで、計画的に動画コンテンツの作成を進めていくことが重要となります。

 
ビギニャー

たしかに、動画を作るにはたくさんのステップや人、お金が必要ですもんね……。イチからスタートするのは大変かも……。


 
シニヤン

難しいのは事実だけど、動画マーケティングで成功している企業も多いから、活用手法や成功事例を見て自社に必要かどうかを考えることは大切だと思うんだ。


 
ビギニャー

たしかに!難しいからって最初から諦めるのはもったいないですよね!先輩っ、動画マーケティングの活用方法や成功事例を教えてください!

動画マーケティングの活用手法と成功事例

動画マーケティングは、グーグルが提唱する「HHH(スリーエイチ)戦略」に沿って活用することが基本です。
「HHH戦略」とは、商品を知ってもらう「Hero(ヒーロー)型」、見込み顧客に売り込む「Hub(ハブ)型」、お客さまをサポートする「Help(ヘルプ)型」の3つの動画を作成し、それぞれを最適なシーンで活用すること。
この戦略を念頭に置きながら、以下のようなシーンで動画を活用していくのが、一般的な動画マーケティングの手法となります。

動画マーケティングの活用シーン

・YouTube公式チャンネルに投稿する
・自社Webサイトへ埋め込む
・SNSに投稿する
・動画のバナー広告を作成する
・実店舗や街頭で流す
・商談やセミナーなどの映像コンテンツとして活用する

ここでは、動画を使ってマーケティングに成功した企業の事例を2つご紹介します。

動画マーケティングの成功事例

・使い方をわかりやすく解説して効果的にアピール!|クラウド会計ソフトfreee
会計ソフトfreeeでは、ソフトの使い方や経営知識についての動画をYouTubeにアップロードして、アニメーションや実際の操作画面を使ってわかりやすく説明。
お役立ち情報を届けながら「このソフトなら簡単に会計処理ができそう」と強く印象づけて、見込み顧客の創出や導入の後押しに成功しています。

・スキップされない動画広告で再生数アップ!|野村不動産アーバンネット
野村不動産アーバンネットが展開する不動産情報サイト「ノムコム」では、住居にまつわる親子のエピソードと写真を募集し、その内容をもとに動画広告を作成。
ユーザー参加型の感動動画にすることで多くの人を惹きつけ、広告でありながら150万回以上の再生を達成。
ロイヤルティ向上やブランディングに成功しました。

ロイヤルティ
「ロイヤルティ」とは、企業に対する信頼や愛着のことを指します。英語の「Loyalty」からきており、もともとは忠誠心を意味する言葉でした。信頼や愛着が大きいこと.....

 
ビギニャー

やっぱり、動画の効果ってすごいですね……!僕も動画マーケティングを頑張ってみたいです!


 
シニヤン

おっ、やる気が出てきたみたいでよかった。それじゃあ、今後のためにも動画マーケティングやり方について説明しておくね。

動画マーケティングの始め方

動画マーケティングを始めたいときは、以下の4つのステップを踏みましょう。

①目的やターゲットの決定

「商品を知ってもらう」「購買意欲を刺激する」「ブランディングする」など、動画マーケティングの目的はさまざまです。
目的がはっきりしていないと「誰に対して・どこで・何を発信すればいいか」がわからないので、まずは施策の目的を明確にしましょう。

②媒体とコンテンツ内容の決定

次に、動画を配信する媒体とコンテンツの内容を決定します。
YouTubeやTikTokを始めとした動画配信プラットフォームはもちろん、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNS、店舗やセミナーなどのオフラインでも動画配信は効果的です。

動画はスキマ時間や気分転換で見られることが多いので、「短時間で多くの情報を伝えられるテンポのいい動画」や「最初の数秒で興味を惹かれるインパクトのある動画」が好まれる傾向にあります。
制作する動画の内容を考えるときは、こういった離脱されにくいコンテンツを意識しましょう。

③制作方法の決定

以下の方法の中から、自社に合った動画の制作方法を選びましょう。

〈動画制作の方法〉

・自社制作:コストを抑えられるが、ノウハウやリソースが必要
・制作会社:コストはかかるが、プロに高品質な動画を作ってもらえる
・広告代理店:指示やコストの負担があるが、企画から運用まで一任できる
・インフルエンサー:細かい指示はできないが、ファン層にもリーチできる
・クラウドソーシング:予算に合わせて依頼できるが、品質に差が生まれやすい


ノウハウがない企業の場合、制作会社やクリエイターに依頼することが一般的です。
それぞれで予算やサービスの内容・品質が異なるため、何社か問い合わせて信頼できる依頼先を見つけることが大切です。

④効果測定

動画を公開したあとは、定期的にデータを分析して効果測定しましょう。
その内容を踏まえて、次回配信する動画の内容やマーケティングの方針などに反映します。

自社で分析することが難しい場合は、マーケティングに強い専門業者に相談することがおすすめです。
データの収集や分析はもちろん、今後のマーケティング戦略の考案まで丁寧にサポートしてくれます。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
集客からお問い合わせ、購買等のゴールまで
目的に合わせたさまざまな広告手法をご提案し、
運用・分析など一気通貫でのサポートを行っています。
「出すだけじゃなくて、ちゃんと効果のある広告にしたいけどどうすれば・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介