【画像付き】検索順位の調べ方を解説!おすすめチェックツールとSEO評価を上げる方法

【画像付き】検索順位の調べ方を解説!おすすめチェックツールとSEO評価を上げる方法

集客やコンバージョン数に大きな影響を与える検索順位は、Webサイト担当者にとって重要な指標です。キーワードやページごとの順位をしっかりと把握できていれば、上位表示を目指すSEO施策を実施しやすくなります。今回は、検索順位の調べ方やおすすめチェックツール、順位を上げる方法についてやさしく解説します。

【初心者向け】今さら聞けないSEOとは?重要性と基本の対策法を解説
【初心者向け】今さら聞けないSEOとは?重要性と基本の対策法を解説
SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、サイトの上位表示を目指すために行うマーケティング戦略です。「言葉はよく耳.....

 
シニヤン

ビギニャー君、会議資料を作りたいから、このサイトの検索順位を調べておいてくれないかな?


 
ビギニャー

了解ですっ!ところで、Webサイトの検索順位ってどうやって調べればいいのでしょうか……?


 
シニヤン

あれ、まだ教えていなかったっけ……?検索順位は、おもに2つの方法で調べられるよ。

Webサイトの検索順位を調べる方法は2つ!

Webサイトの検索順を調べる方法は2つあります。
目的に合わせて、実施しやすい調べ方を試してみてくださいね!

Google検索してみる

手軽に検索順位を調べたいなら、単純にGoogle検索してみる方法がおすすめです。
ただし、普通に検索すると、ユーザーの検索履歴や位置情報などを踏まえたうえで検索結果を表示する「パーソナライズド検索」の機能が有効になってしまいます。
そのため、パーソナライズドの影響を受けないシークレットモードで検索することが大切です。

この方法は非常に手軽ですが、各ページの検索順位をキーワードごとに把握するためには多くの手間がかかります。
あくまで簡易的な方法なので、「大量にあるページの正確な順位を把握したい」という場合は、効率的ではないので避けたほうが無難です。

順位チェックツールを使う

検索順位の確認を効率的に行いたいなら、順位チェックツールを活用しましょう。
URLを入力するだけで簡単に検索順位を把握できるので、大量のページやキーワードでも効率的に調査を行えます。

順位チェックツールには有料のものと無料のもの、インストール型のものとクラウド型のものとさまざまな種類があります。
まずは無料のツールを色々と試し、必要な機能が明確になってから有料のものを検討してみてくださいね。

パーソナライズ
「パーソナライズ」とは、顧客一人ひとりの属性や趣味嗜好、行動などに合わせて最適な情報やサービスを提供するマーケティング手法のことを指します。 たとえば、ECサイ.....

 
シニヤン

今回は調査したいページの量が多いから、順位チェックツールを使うといいよぉ。


 
ビギニャー

シニヤン先輩は、普段どんなツールを使っているんですか?おすすめを知りたいです!

検索順位をチェックできるツール一覧

現在、非常に多くの検索順位チェックが提供されています。
ここでは、おすすめの無料ツールと有料ツールの一例をご紹介しますので、ぜひ希望する機能に応じて活用してみてくださいね!

無料の順位チェックツール

・Google Search Console
検索順位をチェックするときのベースとなるツールが、Google Search Consoleです。
Googleが提供する無料のツールで、登録しているサイトの平均掲載順位やクリック数、表示回数などを測定してくれます。
流入キーワードや毎日の検索順位の把握が可能ですが、実際にユーザーに検索されたキーワードしか調べられない点、当日の結果を知ることはできない点などのデメリットに注意が必要です。

・検索順位チェッカー
検索順位チェッカーは、最大5つのキーワードにおける検索順位を計測できる無料ツールです。
条件保存が可能なので、継続的にチェックしたいときも便利です。
Google、Yahoo!、Bingの検索順位測定に対応しており、スマートフォンとパソコンそれぞれの結果を調べられます。

・SERPOSCOPE
SERPOSCOPEは、検索順位を自動的に測定・記録してくれる無料ツールです。
測定するキーワードやWebサイトの数は無制限で、競合他社の追跡やローカル検索結果の記録などにも対応。
無料でここまで多機能なツールは珍しいのでおすすめですが、英語表記である点とエラーが発生しやすい点がデメリットとして挙げられます。

有料の順位チェックツール

・RankTracker
RankTrackerは、AmazonやMicrosoftといった有名企業にも使われている、信頼性が高い検索順位チェックツールです。
自動順位チェックやキーワードのグループ分け、競合ページの分析なども行ってくれます。
無料版があるので、お試しで利用できる点が安心ポイントです。

・検索順位チェックツールGRC
検索順位チェックツールGRCは、ボタンひとつで順位の一括調査・自動チェックが可能なツールです。
Google、Yahoo、Bing の三大検索エンジンに対応しており、SEOに必要な競合分析やアルゴリズム変更のキャッチ、広告の表示順位調査などの機能も搭載しています。
こちらも無料で利用を開始することが可能で、必要に応じて有料プランに切り替えられます。

・BULL
BULLは、パソコンを起動しなくても自動で順位をチェックし続けてくれる便利なツールです。
スマホ順位のチェックやローカル検索にも対応しており、制限なくキーワードやWebサイトを管理可能。
特定の調査結果フォルダだけを共有できるので、クライアントと商談するときにも活用しやすいでしょう。

アルゴリズム
「アルゴリズム」とは、一般的には数学やプログラミングで問題や課題を解決に導くためのプロセスを指します。マーケティングにおいては、検索エンジンがさまざまな指標を用.....

 
ビギニャー

わ~、たくさんあってどれを使えばいいか迷ってしまいますね……。


 
シニヤン

迷ったら、まずはGoogle Search Consoleを使えば大丈夫だよ。使い方を説明するから、マスターしておこう!

Google Search Consoleで検索順位を見る方法

いろいろな順位検索ツールがありますが、まずは基本となるGoogle Search Consoleが使いこなせれば問題ありません。
ここでは、Search Consoleで検索順位を調べる方法を画像付きで解説します。

平均掲載順位をチェックする方法

平均順位をチェックするときは、Search Consoleにログイン後、「検索パフォーマンス→平均掲載順位」を見るだけ!
ここに全ページの平均掲載順位が載っています。
とはいえ、全ページの平均掲載順位を把握するだけでは不十分なので、キーワード・ページごとの掲載順位も必ずチェックしておきましょう!

キーワードやページごとの掲載順位をチェックする方法

キーワードやページごとの順位は、平均掲載順位をクリックした画面を下にスクロールすると見られます。
「クエリ」ではキーワードごと、「ページ」ではコンテンツごとのクリック数や表示回数、掲載順位が見られます。
調べたいクエリやページの部分をクリックすると順位の推移も見られるので、日常的なSEO施策の成果チェックに活用できるでしょう。

Google Search Console
「Google Search Console」とは、Googleが提供している解析ツールです。Googleアナリティクスとは異なり、どのキーワードが検索されたと.....

 
ビギニャー

へ~、こんなに簡単に検索順位って調べられるんですね!先輩、ありがとうございます!


 
シニヤン

どういたしまして。ついでだから、検索順位が決まる仕組みと順位を調べるべきタイミングについても、あらためておさらいしておこうか!

SEO検索順位が決まる仕組みと調べるタイミング

検索順位を調べる方法について知れたところで、次はSEO順位が決まる仕組みと順位をチェックすべきタイミングを見ておきましょう!

SEO順位が決まる仕組み

Webサイトの掲載順位は、Webサイトの品質に点数をつけてランキング付けする「アルゴリズム」と呼ばれる仕組みによって決定されます。

①新しいコンテンツが更新されると検索エンジンが「クロール(巡回)」する
②コンテンツの内容をデータベースに「インデックス(格納)」する
③アルゴリズムでランキングをつける

このプロセスを経ることによって、ユーザーがキーワードを検索したときに、より関連性が高いと評価されたコンテンツから順に表示されるようになります。
この順番が、いわゆる「検索順位」ということなのです。

検索順位を調べるタイミング

SEOで上位表示を目指しているWebサイトに関しては、原則日常的に検索順位をチェックしておくことが好ましいです。
毎日チェックすることが難しい場合は、「3日に1度」「1週間に1度」などとタイミングを決めておくと、自社の施策が成果を出せているかどうかを振り返りやすくなります。

また、以下のようなときは順位が大きく変動する可能性があるため、とくに意識して推移を追いかけておきましょう。
・CVやPVに大きな変動が生じたとき
・コアアップデートがあったとき
・サイトやコンテンツを見直したとき

こういったタイミングに起こる順位の変動を把握できていれば、成果が出た施策やアップデートへの対処方法などを分析しやすくなります。

 
ビギニャー

検索順位の調査が重要なことはわかったんですけど、あんまり順位がよくなかったときはどうすればいいんですか?


 
シニヤン

そのときは、検索順位を上げるためのSEO施策をいろいろと試す必要があるね。


 
ビギニャー

SEO施策……、どんなことをすればいいんだろう……?

SEO検索順位を上げる「OK施策」と「NG施策」

検索順位を調べたときに狙った結果が出ていない場合は、SEO施策で上位表示を目指しましょう。
SEO施策には、成果につながりやすい「OK施策」と逆効果になる「NG施策」の2種類があるため注意が必要!
ここでは、SEO施策としておすすめの施策と避けたい施策についてご紹介します。

OK施策

・ユーザー目線のサイトを作る
SEOで上位表示を目指すためには、ユーザー目線のコンテンツを作ることが何よりも大切です。
ユーザーの検索意図に答えられる内容の記事にするのはもちろんのこと、サイトの見やすさに直結するコアウェブバイタルの改善、画像や図などを適切に使用したコンテンツ設計など、意識すべきポイントは多岐にわたります。
なかなか順位が上がらないというときは、ユーザー目線に立って「競合と比べて足りない情報はないか」「サイトは快適に見られるかどうか」などを振り返ってみましょう!

・集客チャネルを増やす
SNSでの拡散やメルマガ、YouTubeなどを通してサイトへの集客チャネルを増やすことも、SEO施策としては非常に有効です。
外部リンクの増加につながりますし、さまざまなユーザーが訪れてPV数がアップすることで、Googleからの評価がアップすることもあります。
もちろん、これはユーザーファーストなコンテンツがあってこその施策なので、集客チャネルを増やせば必ず検索順位が上がるわけではないことを理解しておきましょう。

・被リンクを獲得する
ほかのサイトやSNSに自社サイトのリンクが掲載される「被リンク」は、SEOに大きく貢献してくれます。
被リンクが多いサイトは、信頼性・共感性が高い高品質なコンテンツであると判断されやすくなるためです。
そのため、被リンクを獲得するための施策もおすすめです。
たとえば、「高品質なコンテンツを制作してSNSで共有してもらう」「プレスリリースを配信する」といった取り組みを活用すれば、多くのリンクを獲得できます。

・クローラビリティを向上させる
「クローラビリティの向上」とは、検索エンジンのクローラーがサイト内を巡回しやすいようにする施策のことです。
クローラーがサイト内をうまく巡回してくれるサイト設計ができれば、検索結果に表示されやすくなったり、適切に評価してもらいやすくなったりします。
クローラビリティの向上には、サイトマップの送信やパンくずリストの設定、リンク階層の最適化などが有効です。

NGを施策

・とにかくコンテンツを増やして放置する
「コンテンツがたくさんあればSEO評価が上がる!」と勘違いする方もいますが、とにかくコンテンツを増やして放置するという施策はおすすめできません。
Googleをはじめとする検索エンジンのアルゴリズムは、低品質なコンテンツや情報が古いコンテンツを評価しないためです。

低品質なコンテンツを一気にたくさん掲載するよりも、高品質なコンテンツを継続的に更新し続けるほうがSEO施策としては有効です。
また、過去のコンテンツを定期的に見直し、最新の情報にアップデートすることも忘れないようにしましょう。

・悪質な被リンクを増やす
被リンクはSEOにおいて非常に重要な役割を持っていますが、関連性が低いサイトや悪質なサイトからの被リンクは逆効果になってしまうため注意しましょう。
不自然な被リンクを検知された場合、順位が大幅に下げられてしまうおそれがあります。
最悪の場合、サイト全体の評価低下につながる可能性もあるため、被リンクは必ず適切な手法で獲得してくださいね。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
無料でGoogleアナリティクスの分析レポートをお出しし、分析のサポートを行っています。
「Googleアナリティクスで分析してみたいけど、やり方がわからない・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介