ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!

ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!

マーケターなら一度は聞いたことがあるであろう単語「ABテスト」。でも、やってみたことはありますか?今回は、「ABテスト」とはどんなものなのか、実際にやってみるときのコツと一緒に詳しく解説します!

 
シニヤン

うーん……次のウェビナー、もっと集客していきたいなあ。広告バナーのABテストやってみるかあ。


 
ビギニャー

ABテスト? それってなんですか?

ABテストとは?

ABテストは、コンバージョン率を最適化するための手法のひとつです。

同じ情報で表現の異なるAのパターンとBのパターンを用意し、どちらの方がよりコンバージョンに繋がるのかを比較・検証します。また、用意するパターンはA・Bの2種類のみとは限らず、3種類以上ののパターンを用意して検証することもあります。

このテストの目的は、検証によって改善すべき箇所を洗い出し、より効果的なアプローチを追求することです。検討・改善を繰り返していくことで、コンバージョン率やクリック率のアップに繋がります。

 
ビギニャー

なるほど!「どっちの方が効果的か」を比べつつ、良い方を使っていく感じですね!


 
シニヤン

そんな感じかな。あと、良かった方が「なぜ良かったのか?」を考えて、その情報をもとに改善していったりね。


 
ビギニャー

今回は広告バナーでやってみようと思ってるんだけど、結構いろんなものがテストの対象にできるんだよ。

ABテストの対象

ABテストの対象にできる要素は非常に多くありますが、大切なのは「影響が大きく、改善の効果が出やすいところ」を検証していくことです。特に次の3点は、クリック率やコンバージョンへの影響が大きい部分だと言えるでしょう。

①広告文
主にリスティング広告における広告文のことです。広告を配信する際アピールしたいポイントはたくさんあると思いますが、それぞれのポイントが「ユーザーにとってどれくらい興味を惹かれるものなのか」には優劣があるでしょう。どんなキーワードを使えばより効果的なのかを検証することが大切です。

②広告バナー
広告のバナーは目立ちやすいがゆえに、直感的に「イイ」と思ってもらえるかどうかがカギになります。たとえばキャッチコピーが全く同じだったとしても、デザインが違うだけで大きくクリック率が変わってくるくらいです。どんなデザイン、どんなキャッチコピーならより効果的なのかを検証することが大切です。

③ランディングページ
広告をクリックした人が遷移してくるランディングページは、コンバージョンに繋がるかどうかが懸かってくる重要なページです。たとえばファーストビューやメインビジュアル等は第1印象に大きく関わってきますし、お問い合わせボタンまわりのレイアウト等はユーザビリティにも影響してくるでしょう。どんなデザイン、どんなレイアウト、どんな訴求内容が効果的なのかを検証することは非常に大切なことです。

 
ビギニャー

へえ~!ライティング的な面でもデザイン的な面でも、色々比較できるところがあるんですね!


 
シニヤン

そうだよ。取り扱う情報が同じでも表現の仕方によってコンバージョン率が大きく変わってくることもあるから、ABテストは施策の最適化のためにすっごく有効な手段なんだ。


 
ビギニャー

ポイントをおさえて実施すれば低コストで効果を発揮するから、ビギニャーくんもこの機会に是非勉強してほしいな。

ABテストを行ううえで大切なポイント

ABテストは、ただ「テストしただけ」で効果が上がるものではありません。具体的な改善目標を立てて、目標達成のためのPDCAを回していくこと。ABテストを行う際は、下記の点に気をつけて実施するようにしましょう。

①どこを改善したいのかを具体的に!
ABテストを行う際、多くの場合はコンバージョン率やクリック率の向上を目的としているでしょう。しかし効果的なABテストを行う為には、そこからさらに掘り下げて考える必要があります。「LPの直帰率を下げたい」「お問い合わせボタンから資料請求を増やしたい」等々「どこを改善したいのか」をより具体的に考えるようにしましょう!

②影響が大きいところからテストしよう!
せっかくコンバージョン率が上がっても、影響の少ないページに注力しているとなかなか成果が出ないものです。たとえば、アクセス数100のページのコンバージョン率が10%向上するより、アクセス数1,000のページのコンバージョン率が3%向上した方が、成果は大きいと言えるでしょう。改善することで大きく影響のあるページに注力するようにしましょう!

③ひとつのパターン内で2か所以上テストしない!
やればやるほどいいようにも思えるABテストですが、むやみやたらに色んなところでやってはいけません。なぜなら、同じパターン内で2か所以上のテストをしてしまうと、「どこを改善したことで効果が出たのか」が分からなくなってしまうからです。もしも2か所以上でテストを行いたい場合は、時期をずらすなど工夫しましょう!

④あらかじめ仮説を立てて案をつくろう!
ABテストのパターン作成では、やみくもにパターンをつくってはいけません。「なぜいまこうなっているのか?」を考え、その原因となる部分に対して自分なりの対策を立て、それが正しいのかどうかを検証することが、ABテストの効果をアップさせるコツです。

デジタルマーケティングにおいて最も重要な取り組み方「仮説思考」
デジタルマーケティングにおいて最も重要な取り組み方「仮説思考」
「より効果的なマーケティングをしたい」というのは、すべてのマーケターが思うことです。でも、そのためにはどうすればいいのでしょうか? 今回は、デジタルマーケティン.....
 
ビギニャー

う~ん、やっぱり大切なんですね、仮説思考!よ~し、しっかり身につけて立派なマーケターになってやるぞ~!

無料で使えるABテストツール「Googleオプティマイズ」

ABテストのコツを押さえたら、実際にチャレンジしてみましょう!ここでは、ABテストに使えるポピュラーなツールである「Googleオプティマイズ」をご紹介します。

Google Optimize(グーグルオプティマイズ)

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/
Googleオプティマイズは、Googleのサービス「Googleオプティマイズ360」の無償版で、半永久的に無料で使用することができます。Googleアカウントがあればだれでも使用することができるので、はじめの一歩としては特におすすめのツールだともいえるでしょう。テスト結果の確認はGoogleアナリティクスとの連携によって行うことができますが、このGoogleアナリティクスもWebサイト運営には欠かせないアクセス解析ツールで、施策の効果測定などに非常に役立ちます。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
集客からお問い合わせ、購買等のゴールまで
目的に合わせたさまざまな広告手法をご提案し、
運用・分析など一気通貫でのサポートを行っています。
「出すだけじゃなくて、ちゃんと効果のある広告にしたいけどどうすれば・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介