ランディングページ(LP)とは?目的とメリット、制作の流れをやさしく解説

ランディングページ(LP)とは?目的とメリット、制作の流れをやさしく解説

ランディングページ(LP)とは、ユーザーに商品やサービスの魅力を伝え、コンバージョンしてもらうことに特化したページのことです。「LPってどんなものなの?」「LPとホームページの違いは?」今回は、こんなLPの疑問にやさしくお答え!目的やメリット、作り方までわかりやすく解説します。

LP
「LP(ランディングページ)」とは、ユーザーが検索結果や広告などを経由して、最初にアクセスするページのことと指します。たとえば、「〇〇株式会社 会社案内」と検索.....

 
ビギニャー

あっ、先輩!何しているんですか?


 
シニヤン

ビギニャー君、お疲れさま。いま、お客さまに頼まれてランディングページの課題分析をしていたんだ。


 
ビギニャー

ランディングページ…?ってなんですか!?

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページ(LP:Landing Page)とは、キーワードを検索したユーザーが検索結果や広告などをクリックし、最初にアクセスするページのことです。
企業のページに着地するという意味から、英語の「land」が名前に含まれています。

ユーザーが最初に目にするページだからこそ、LPはコンバージョン率(CVR)に大きな影響を与えます
そのため売上を向上させるためには、LPの作り込みが非常に大切!
アピールしたい商品やサービスの訴求、次のアクションを促す文言などを積極的に盛り込む必要があります。

コンバージョン(CV)
「コンバージョン(CV)」とは、Webサイトにおける最終的な成果のことを指します。マーケティングにおける最大の目的は、広告効果を最大化させてコンバージョンを効率.....
CVR
「CVR(Conversion Rate)」とは、コンバージョン(CV)を達成した割合のことです。CVRを求めるためには、「CVR(%)=CV数÷.....

 
ビギニャー

なるほどぉ!でも、ユーザーが最初にクリックしそうなページすべてにアクションを促す文言を盛り込んだり、サービスの訴求を入れるのって難しいですよね。サービス紹介以外のページに着地することも多いですし……。


 
シニヤン

おっ、ビギニャー君鋭いね。ランディングページの意味は説明したとおりなんだけど、これは「広義のLP」の定義なんだ。一般的にランディングページと呼ばれるのは、「狭義のLP」のほうなんだよ。


 
ビギニャー

え、広義と狭義…!?ランディングページって複数の意味があるんですか!?

「広義のLP」と「狭義のLP」

ランディングページの基本的な意味は先述したとおりですが、厳密に言うと実は2つの種類に分けられます。
ここでは、それぞれの種類の違いについて見ていきましょう!

広義のLP

広義のLPとは、先ほど説明したとおり「ユーザーが検索結果や広告をクリックして最初に閲覧するページ」のことです。
たとえば株式会社ゴンドラと検索して、会社概要のページが上位表示されてクリックしたとしましょう。
この場合は、企業概要がこのケースのLPに該当するというわけです。

狭義のLPと区別するため、広義のLPは「集客ページ」や「入り口ページ」と呼ばれることもあります。



狭義のLP

狭義のLPとは、購入促進やお問い合わせ、資料請求などを促進するCTA(Call To Action)が設置されている、広告専用のページを指します。

たとえば、化粧品などの名称で検索をかけたとき、広告欄に縦長の商品紹介専用ページが表示されたことはありませんか?
商品画像や実績、口コミ、特徴、料金などがズラッと紹介されており、最後にお申し込みフォームを設置している形式のページは誰でも見たことがあるかもしれませんが、これが狭義のLPなのです。

一般的にLPと呼ばれるものは、この狭義のLPを指している場合が多いです。
狭義のLPは、売上のアップや見込み顧客の発掘、求人募集などさまざまな目的で制作されます。

CTA
「CTA(Call To Action)」とは、Webサイトの訪問者に対して具体的な行動に誘導すること、もしくはそのためのテキストなどのことです。何をCTAとす.....

 
シニヤン

マーケティングや広告制作で「ランディングページ」や「LP」って言うときは、ほぼ狭義のランディングページのことを指していると考えていいよ。


 
ビギニャー

なるほど、納得です!でも、どうしてわざわざランディングページを別で作るんですか?商品やサービスを広告したいならホームページとか企業ブログでもよさそうなのに……。


 
シニヤン

ランディングページには、ホームページやほかのWebサイトにはない特徴があるんだよ。

ランディングページ(LP)の特徴って?Webサイトとの違い

LPと一般的なWebサイトやホームページには、どのような違いがあるのでしょうか。
ここからは、狭義のLPの特徴についてご紹介します。


①レイアウトが縦長

LPは、1ページ完結型の縦長のレイアウトが基本です。
1ページの中でサービスの紹介からCTAの設置まで行っており、多くの情報を知ってもらうために「セールストーク」のような方法で訴求している点が特徴的です。

購買意欲を高めてもらうためには、ただ情報を伝えるだけではなく、ユーザーの疑問を想起させたり解消したりしながら「対話しているかのような体験をしてもらう」ことが重要。
ユーザーの興味を引き出して心理的な変化を起こすためには、詳しい情報を短時間で知ってもらう必要があるため、1つのページでたくさん訴求できる縦長のレイアウトになるのです。

②内部リンクや外部リンクが少ない

LPには、内部リンクや外部リンクが少ない点も特徴的です。
ページや選択肢が多いとユーザーは自分で情報を探さなくてはいけなくなってしまい、「面倒くさいから今度でいいか」と離脱しやすくなってしまいます。

ユーザーの負担をできるだけ軽くして、「せっかくだから申し込んでみようかな」と思わせることがLPの目的です。
だからこそ、リンクを設置しないシンプルな構造にしているのです。

③目を引く特徴的なデザイン

LPは、目を引く特徴的なデザインになっています。
ファーストビュー、お悩みやニーズへの共感、商品の紹介、根拠や実績、CTAの流れで構成されていることが多く、大きな写真やカラフルな色使い、大きなボタン設置などの特徴的なデザインになっています。

ページを開いたときに簡素なページに文字だけが並んでいても、あまり読む気になりませんよね。
目を引くデザインや写真を活用した訴求の裏には、瞬時に好印象を抱かせてじっくりと読み進めてもらおうという意図が隠されているのです。

④情報を絞って掲載している

LPでは、特定の1商品についてしか紹介しません。
与える情報が増えると選択肢も増えてしまい、それぞれの印象が薄まって魅力が伝わりにくくなってしまうためです。
「あれもこれも」と情報を盛り込むのではなく、特定の商品の魅力や申し込みの誘導だけに絞っている点が、ほかのWebサイトやホームページとの大きな違いです。

内部リンク
「内部リンク」とは、サイト内の特定のページから、同じサイト内の別ページのリンクを貼ることを指します。たとえばおすすめのパソコンについて紹介しているページで、関連.....
外部リンク
「外部リンク」とは、あるWebサイトのページから外部のサイトのページへとリンクを貼ることです。たとえば、自社で運営しているサイトに別の参考サイトへのリンクを貼っ.....

 
ビギニャー

言われてみれば、今まで見てきたランディングページってホームページとは全然違うかも……。


 
シニヤン

うんうん、意識して見てみると違いに気付けるはずだよ。ランディングページはすっごく訴求効果が高い構成になっているけど、流入経路ごとに内容を最適化できれば、もっと高い効果を得られるんだ。

ランディングページ(LP)の流入経路

LPには、さまざまな流入経路があります。

流入経路ごとに複数のパターンのページを用意しておけば、それぞれに最適な内容で訴求することが可能。
たとえば、若者が多いSNSから流入を狙う場合は「10代にイチオシ!」と訴求し、利用者の年齢層が高いメディアからの流入を狙う場合は「オトナのあなたにおすすめ!」と訴求できますよね。
このように、流入経路を意識してLPの内容を最適化できれば、訴求力やコンバージョン率は大きく向上させられます!

ここでは、LPを制作するうえで押さえておきたい流入経路を4つご紹介します。


①検索結果

もっとも一般的なのが、GoogleやYahoo!といった検索エンジンからの流入です。
広告枠に表示される以外の自然検索(オーガニックサーチ)がこちらに該当します。
ユーザーに多く見てもらうためには検索したときに上位表示されている必要があるため、SEOの実施が大切になります。

②リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンを使用したときにページ上部や下部に表示される広告のことです。
リスティング広告にLPを出稿することで、SEOで上位表示できないサイトでも確実に検索結果へ表示させられます。

ちなみに、リスティング広告の費用はクリックされたときにだけ発生するので、検索結果に表示させるだけであればコストはかかりません。
ただし、クリックされるたびに継続的なコストが必要になるので、長い目で見るとSEOを実施したほうが費用対効果は高くなります。

③SNS

近年増えてきているのが、SNSからの流入です。
TwitterやInstagram、Facebookなどに広告や投稿を掲載し、そこからリンクを踏んでもらう手法です。

拡散力が高く集客しやすい点、ターゲットを絞り込みやすい点がSNSの大きなメリット。
自社アカウントで発信すればコストが不要なので、予算が限られている企業にもおすすめです。

④企業独自の取り組み

メールマガジンの配信やDMの発送、セミナーの開催など企業独自のマーケティング施策を行っている場合は、そこにURLやQRコードを掲載しておくことでLPへの流入が狙えます。
こういった取り組みを行っているのであれば、ぜひLPへの誘導動線も盛り込んでみてくださいね!

【初心者向け】リスティング広告って何のこと?その仕組みを徹底解説!
【初心者向け】リスティング広告って何のこと?その仕組みを徹底解説!
Webマーケティングでは定番ともいえる「リスティング広告」! よく知らないという人がいたとしても、その名を聞いたことのある人は多いはずです。今回は、今さら聞けな.....

 
ビギニャー

流入経路ごとに内容を変えられるのって、ホームページにはないメリットですね!ランディングページって、実はすごいのかも……!?


 
シニヤン

ほかにも、ランディングページならではのメリットはたくさんあるんだよぉ。だけど、デメリットがあることも事実だから、両方をよく理解して活用することが大切だね。

ランディングページ(LP)のメリット・デメリット

LPの制作には、メリットとデメリットの両方があります。
デメリットも理解したうえで、正しくLPを活用しましょう。


ランディングページ(LP)のメリット

・訴求力やコンバージョン率を高められる
ランディングページには、ブログやSNSなどのようにレイアウトや文字数、デザインに制限がありません。
好きな場所に画像を入れられますし、文字サイズや図のデザインなども自由自在。
文字だけのページよりも訴求力が高いため、コンバージョン率を高められるという大きなメリットがあります。

・情報が集約されているから離脱が少ない
LPには共感から商品紹介、口コミや料金までさまざまな情報を理想的な順番で掲載できます。
ユーザーは営業マンの優れたトークを聞いているかのような感覚になり、興味を高めながら読み進めてくれます。
適切な順番で適切な情報を与えるLPは、離脱されにくい点が大きなメリット!
必要な情報を最後まで伝えられるので、コンバージョン率のアップに効果を発揮してくれるのです。

・ブランドイメージが低下しにくい
ブランドによっては、積極的な売り込みがイメージ低下につながるケースもあります。
たとえば、iPhoneが公式サイトにカラフルなセールスページを作り、「いまだけ10%オフ!!お得なキャンペーンを見逃すな!!!」と派手に広告していたら、ちょっとイメージに合いませんよね。
LPを活用すれば企業ホームページやブランドサイトとは別に訴求専用のサイトを作れるので、ブランドイメージの低下を防ぎながらしっかりと宣伝を行えます。

・成果や課題が把握しやすい
LPはほかのWebサイトと比べると情報量が少なく、1ページで構成されています。
したがって成果や課題を把握しやすく、問題がある場合は改善しやすいというメリットがあります。
ページの閲覧時間が短い場合は「ページ上部のキャッチコピーや共感部分に問題があるな」、申し込みフォームの完遂率が低い場合は「入力フォームを改善しようかな」と明確な対策が見えてきやすいため、早く確実にページをブラッシュアップしやすいのです。

ランディングページ(LP)のデメリット

・制作コストや手間がかかる
LPを制作するときは、もちろんコストや手間がかかります。
デザインや訴求内容がコンバージョン率に直結しやすいからこそ、コストや手間は高くなりやすい傾向にあります。
初心者が制作するのは難しいので、専門の業者に依頼する際に多額のコストがかかることは押さえておきましょう。

・企業サイトの回遊につながらない
LPにはリンクをほとんど設置しないので、回遊率のアップは難しい傾向にあります。
だからといって回遊を増やそうとリンクをたくさん設置してしまうと、購買意欲が高い人の離脱につながるおそれがあります。
企業サイトやECショップへ誘導したい場合は、LPではなくほかの方法でアプローチしましょう。

・SEO効果が出にくい
LPはデザイン性重視であるため、テキスト部分が少ないという特徴があります。
画像のなかに文字入れされているケースも多いため、テキストの内容を重視するSEOの面では不利になりやすい点に注意しましょう。
上位表示を目指すことは簡単ではないので、Web広告やSNSなどほかのマーケティング施策と組み合わせながら活用することがおすすめです。

SEO
「SEO(Search Engine Optimization)」とは、日本語で検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索エンジンのオーガニック検索で上位にコン.....

 
ビギニャー

なるほど!ランディングページには弱点もあるから、ホームページやSNS、マーケティング施策をいろいろと組み合わせて活用することが大切なんですね!


 
シニヤン

そういうことだね。完璧な広告とかマーケティング施策ってないから、いろんな方法で弱点を補うことを意識しようね。


 
ビギニャー

ランディングページって便利ですけど、作るのが難しそうですね……。制作の流れや作り方はどんな感じなんですか?

ランディングページ(LP)制作の流れ

ランディングページを制作するときは、以下のような流れで作業を進めていきます。


①ペルソナと目的を決める

まずは、ページを見てもらいたい具体的なお客さま像を考えましょう。
「どのようなお客さまに購入してもらいたいのか」を明確にすることで共感や訴求しやすくなり、効果的なページを作成できます。
性別や年齢層だけではなく、ライフスタイルや価値観、職業や嗜好なども踏まえ、できるだけ細かいペルソナ像を作りましょう。

また、コンバージョンの目的を明らかにすることも大切です。
「購入してほしいのか」「無料お試し品に申し込んでほしいのか」など、目的によっても訴求内容は変わってきます。
ペルソナと目的を決めておくと、一貫性のあるページに仕上げられます。

②ページの構成を決める

次に、ページの構成を決めましょう。
LPは、以下の内容で構成されていることが一般的です。

〈ランディングページ(LP)の構成〉

◎ファーストビュー
・キャッチコピー
◎ボディ
・共感
・サービスの紹介
・中間CV
・ベネフィット紹介
・実績や根拠
◎クロージング
・最終的なCV


何を盛り込むのかは企業の自由ですが、できるだけ上記を網羅した構成にできると訴求力をアップさせられます。
自社で設計することが難しい場合は、制作会社と相談しながら内容を決めていきましょう。

③デザインを決める

デザインの見やすさやインパクトは、LPの効果に大きな影響を与えます。
ここまでに決めた内容を踏まえ、ペルソナの特性にマッチしたデザインを考えていきましょう。
こちらの作業も制作会社などのプロに依頼したほうが安心です。
もちろんイチから制作することも可能ですが、他社のLPでイメージに近いものを参考資料として伝えられるとスムーズかもしれません。

④制作・運用する

内容が決まれば、あとは制作を進めるだけです。
ページの立ち上げから制作、問合せ先の設定、表示速度などあらゆる内容の制作・テストなどを行います。

ページの完成後はABテストや分析ツールの活用などを定期的に行い、LPの内容をブラッシュアップしていくことが肝心です。

ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!
ABテストとは?効果を高めるポイントと合わせて解説!
マーケターなら一度は聞いたことがあるであろう単語「ABテスト」。でも、やってみたことはありますか?今回は、「ABテスト」とはどんなものなのか、実際にやってみると.....

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
集客からお問い合わせ、購買等のゴールまで
目的に合わせたさまざまなランディングページをご提案し、
制作・運用など一気通貫でのサポートを行っています。
「制作するだけじゃなくて、ちゃんと効果のあるランディングページにしたいけどどうすれば・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介