マンガ広告とは?強力な訴求力を持つイマドキのマーケティング手法を解説!

マンガ広告とは?強力な訴求力を持つイマドキのマーケティング手法を解説!

マーケティング手法を解説

最近見かけることの多い「マンガ広告」。いったいどんなメリットがあるの?この記事では、マンガ広告の強みや施策実施の際の注意点などを詳しく解説していきます!

 
ビギニャー

シニヤン先輩~!見てくださいよこのマンガ!ネコ用シャンプーの体験レポマンガなんですけど……これ使うと、毛並みがほら!ツヤッツヤになるらしいですよ!


 
シニヤン

へえ~!ふむふむ……確かにこれは気になるね~!ぼくって毛玉ができやすいタイプなんだけど、このシャンプーなら毛玉対策もできるかも!


 
シニヤン

それにしても、これはいいマンガ広告だな~!うちも今度やってみたいと思ってたところなんだよねえ。

マンガ広告とは?

マンガ広告とは

「マンガ広告」とは、その名の通り、マンガを使った広告です。

動画形式やバナー形式など形態は様々で、紙媒体だけでなく、ネットでも多く利用されています。

使い方次第で高いコストパフォーマンスを発揮する、優れたアプローチ方法です。

Web広告12種類と、その特徴をまるごと解説! 選ぶべきはどれ?
Web広告12種類と、その特徴をまるごと解説! 選ぶべきはどれ?
インターネットの普及に伴い、注目を集めるようになったWeb広告。その種類はとても多く、それぞれ特徴も異なります。今回は、そんなWeb広告の種類について詳しくご説.....

 
ビギニャー

えっ!これ、広告だったんですか!?面白いし、普通のレポ漫画かと思ってました!


 
シニヤン

ふふ、それこそがマンガ広告の強みなんだよ!マンガ広告は興味関心を引きやすくて、それでいて高い情報伝達力を持つんだ!

マンガ広告の強みとは?

最近、企業の広告やPRなどにも使われることの多いマンガ広告。

なぜ、いまマンガ広告が増えているのでしょうか?

それは、マンガ広告にはさまざまなメリットがあるからなのです。

 

メリット1:目立ちやすい!

マンガを使った表現にはインパクトがあり、人の目を惹きつける効果があります。
そのため目立ちやすく、ユーザーの「最初の興味」を引きやすいのです。

メリット2:興味を引きやすい!

マンガの「目立ちやすさ」でユーザーの最初の興味を引いた後も、その興味・関心が続きやすいのがマンガ広告の特徴です。
この記事を読んでいる方の中にも、「もともと興味があるわけではなかったけど、マンガの内容が気になり、ついつい最後まで読んでしまった」……という方は多いのではないでしょうか。

メリット3:わかりやすく伝えられる!

テキストだけでは、明確に言い表すことができない事柄もあります。

また読んだ情報を理解するにも集中力が必要です。
しかしマンガなら視覚的に情報を伝えることができ難しい情報もわかりやすく伝えることができます。

メリット4:より多くの情報を伝えられる!

情報をわかりやすく伝えることができるマンガ広告では、多くの情報をユーザーに伝えることができます。
テキストだけでは頭に入りにくい情報も、ビジュアル表現とテキスト表現の組み合わさった「マンガ表現」では、スッと頭に入ってくるでしょう。

メリット5:疑似体験効果がある!

マンガを読むことで自分が登場人物になったような気分になります。
そうして商品やサービスの効果を疑似体験できるため、マンガ広告の内容を「自分事」として受け止めることができるのです。

このように多くのメリットによって、マンガ広告は非常に高い訴求効果を発揮します。
見る人を引き込む力を持つマンガ広告は、ユーザーの購買意欲を強く刺激するでしょう。

 
ビギニャー

へーっ!言われてみれば確かにインパクトありましたし、商品の推しポイントがわかりやすかったです!なるほど~!


 
シニヤン

マンガ広告は高い訴求効果を発揮するから、今は沢山の企業も使っているアプローチ方法でもあるんだよ。ビギニャーくんも今回のだけじゃなくて、いろんなところでマンガ広告を見たことあるんじゃないかな?

マンガはどんなところで使える?

マンガはどんなところで使える

紙媒体はもちろん、Web上でも見る機会の多いマンガ広告。
ここでは、デジタルマーケティングにおけるマンガ、およびマンガ広告の活用例をご紹介します。

活用例1:Webサイト・LP(ランディングページ)
沢山の情報をわかりやすく伝えることのできるマンガは、商品やサービスの説明にピッタリです。
テキストのみでは説明しづらい情報やイメージも、マンガならばわかりやすく伝えることができるでしょう。

活用例2:メルマガ
実はマンガは、メールにも活用できます。インパクトのある訴求は、クリック率向上に繋がります。
また、件名を『マンガでわかる○○』といった記載で送ったところ、メルマガの開封率が上がったという事例もあるのです。

活用例3:バナー広告
マンガバナーは、クリック率が上がりやすいというデータがあります。
日本人はマンガに対する馴染みが深く、「マンガなら続きを読んでも良いかも」という気持ちになるようです。

活用例4:SNS
SNS上の広告で最もユーザーに見られているのは、マンガ広告であるというデータがあります。
マンガの持つストーリー性や、内容の理解しやすさが、広くユーザーに受け入れられています。

活用例5:YouTube
マンガ広告の出稿先として、YouTubeのTrueView広告などはいまトレンドとなっています。
マンガを動画にすることで、テキスト・ビジュアルに加え、サウンドでも訴求できることが強みのようです。

 
ビギニャー

わーっ、マンガ広告っていろんなところで使えるんですね!思い返してみると、確かにめちゃめちゃ見る機会あります!!


 
シニヤン

いろんな商材やサービスに使えるから、種類も多いよねえ。


 
ビギニャー

その気になれば、どんな商材でもイケるんじゃないでしょーか!?

マンガ広告と相性の良い商材は?

マンガ広告は、さまざまな商材と相性のいい訴求方法です。
食品や化粧品などの形のあるものから、サービスなどの形のないものまで、幅広い訴求に活用することができます。

中には、「マンガはカジュアルなイメージだから、カジュアルな商材でないと合わないのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、
実は必ずしもそうではありませんカジュアルな印象になるかどうかは、マンガでどのような表現を行うか次第でもあります。

表現方法によってさまざまな印象を与えることができるマンガ広告で大切なのは、「自社商品・サービスのブランディングと合う表現」でのコンテンツを作成することです。

 
ビギニャー

それにしても、こんなに幅広い商材やサービスで使えるんなら、いろんな広告をぜーんぶマンガにしちゃえばいいのに!って思うんですけど……なんでみんなそうしないんでしょうね、シニヤン先輩?


 
シニヤン

マンガ広告はすごーく強力な武器だからね。その分、ちゃんと使いどころを考える必要があるんだよ。

マンガ広告の活用時、気をつけるべきポイントは?

マンガ広告は、ユーザーの興味を引きやすく、クリック率の上がりやすい強力な武器です。

それは裏返せば、コンバージョンには届かない「無駄なクリック」が発生しやすいということでもあります。つまり、うまく使わないと、広告の費用対効果を下げてしまうのです。

せっかくの強力な武器も、ちゃんと使いこなせなければ、その真の効果を発揮させることはできません。
どんな施策でも共通で言えることではありますが、重要なのは「どんな目的をもってマンガを使うのか」を考え、それに沿ったコンテンツを作成することです。

 
シニヤン

つまり、「これは強力だから」とか「これは流行ってるから」でやるんじゃだめなんだ。「誰に」「どんな目的で」「どんな訴求をする」のか……それをきちんと考えて施策を行うことが大切なんだよ。


 
ビギニャー

なるほど……!これはマンガ広告以外でも言えることですね!「PDCA」です!!


 
シニヤン

おっ、覚えてきたね、ビギニャー君!その通り!ちゃんと「PDCA」、回していこう!

デジタルマーケティングにおいて最も重要な取り組み方「仮説思考」
デジタルマーケティングにおいて最も重要な取り組み方「仮説思考」
「より効果的なマーケティングをしたい」というのは、すべてのマーケターが思うことです。でも、そのためにはどうすればいいのでしょうか? 今回は、デジタルマーケティン.....

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
集客からお問い合わせ、購買等のゴールまで
目的に合わせたさまざまな広告手法をご提案し、
運用・分析など一気通貫でのサポートを行っています。
「出すだけじゃなくて、ちゃんと効果のある広告にしたいけどどうすれば・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介