【成功事例】話題の共感マーケティングって!?初心者でもわかる必要性と活用方法

【成功事例】話題の共感マーケティングって!?初心者でもわかる必要性と活用方法

共感マーケティングに関する記事のアイキャッチ画像

共感マーケティングとは、ユーザーに共感してもらえる仕組みを作ることで、ファン化やブランディング、売上アップを狙う販売戦略です。

コンセプトの設定やSNS・インフルエンサーの活用が重要なカギを握る共感マーケティングは、どんな方法で始めればいいのでしょうか?

この記事では、共感マーケティングの手法から成功事例、活用の流れまでわかりやすく解説します。

 
シニヤン

ビギニャー君、最近そのブランドの商品をよく使っているよね。気に入ってるの?


 
ビギニャー

ここの商品、デキるビジネスマン向けの商品がコンセプトで、使ってるだけで一目置かれるんです~!オシャレだし機能的だし、ついついSNSでも自慢しちゃうんですよね~。


 
シニヤン

おお、共感マーケティングをうまく取り入れている企業なんだね~。

共感マーケティングとは?

共感マーケティングの仕組みを解説

共感マーケティングとは、ユーザーに共感してもらえる仕組みを作ることで、ファン化や商品購入を目指すマーケティング戦略です。

サービスの良し悪しだけをアピールするのではなく、消費者の心に訴えかけて感情を動かすことを重要視している点が特徴的です。共感マーケティングには以下の2つの考え方があります。

  • 企業が信念に基づいた取り組みを行い、ユーザーから共感を集めてファン化・ブランディングを目指す
  • 生の声や口コミ、インフルエンサーによる発信を活用し、商品やブランドのイメージアップを目指す

上記のような取り組みを通して、驚きや喜びといった「感情の変化」、企業の信念や取り組みへの「強い共感」を戦略的に生むことで、ファンに愛されて安定的な利益を生み出せる商品やブランドになることを目指します。

とくに、近年はSNSや口コミ、インフルエンサーを活用した共感マーケティングが注目されています。購入検討者と等身大の目線で発信された情報は共感を生みやすく、「リアルな声なら信用できる!」「この人が使っているなら私も使ってみたい!」と思わせる強いパワーを持っているためです。

共感マーケティングを実施する際は「消費者をマーケティングの仕掛け人に回す戦略」が欠かせません。

インフルエンサーマーケティングとは?効果や費用、活用事例までやさしく解説
インフルエンサーマーケティングとは?効果や費用、活用事例までやさしく解説
インフルエンサーマーケティングとは、影響力を持つインフルエンサーに商品やサービスをPRしてもらい、認知度や売上をアップさせるマーケティング手法です。 どんな効果.....

 
ビギニャー

もしかして僕、めちゃくちゃ戦略にハマってしまっています……!?共感マーケティングを取り入れたこのブランド、恐るべしですね……。


 
シニヤン

しっかりとユーザーのニーズを捉えていて、なおかつSNSで共有させたくなる商品作りがしっかりとできてるのはすごいね!僕もそのブランド使ってみようかなぁ。


 
ビギニャー

先輩もぜひ!ところで、共感マーケティングを活用している企業はほかにもあるんですか?

共感マーケティングに成功した企業の事例

共感マーケティングの意味や戦略を聞いても、イマイチどのようなことをすればいいのかピンとこない方も多いかもしれません。共感マーケティングに成功したブランドや企業の事例について2つご紹介します。

無印良品

シンプルで洗練された陳列とアイテムが人気を集めている無印良品は、共感マーケティングに成功した代表的なブランドです。

簡潔でシンプルな「空白の商品」を取り扱うことで、「省資源」「低価格」「シンプル」「アノニマス(匿名性)」「自然志向」といったさまざまなユーザーのニーズに対応。

豊かな素材や技術を取り入れつつ、環境への配慮も忘れない無印良品の理念に魅力を感じるユーザーは年々増えていて、「ムジラー」と呼ばれる熱狂的なファンも存在しています。

ファンの皆さんはブランドコンセプトに共感して商品を購入するだけではなく、Instagramなどで無印良品の商品を活かしたインテリアや収納を積極的にシェアしています。

その投稿を見た消費者が無印良品に興味を持ち、さらにファンが増えるという理想的なマーケティングサイクルが構築されているのです。

アップル社

iPhoneなど数々のヒット製品を生み出したアップル社も、共感マーケティングを上手に取り入れている企業です。

単に商品を売り出すのではなく、書籍や映画などを通してスティーブ・ジョブズ氏の「創業時の想い」や「製品を開発するまでの苦労」、「数え切れない挑戦や失敗」を発信。

新商品が発売されるときはメディアで開発秘話を取り上げるなど、ユーザーの共感や感動を呼ぶマーケティングが積極的に実施されています。

アップル社のストーリーに共感したファンが、SNSなどを通した情報共有を積極的に行ってくれることは、決して珍しくありません。

それを見た消費者が「アップル製品ってオシャレで革新的だな」「使いやすそうだな」と共感することで、現在もファンが増え続けているのです。

 
ビギニャー

ブランドの戦略をしっかりと分析してみると、意外といろんなところで共感マーケティングが活用されているんですね!


 
シニヤン

そうなんだよねぇ。とくに近年共感マーケティングへの注目度が上がっているんだけど、その理由はわかるかな?


 
ビギニャー

り、理由ですか!?う~んっと……。

共感マーケティングが注目されている理由

今、共感マーケティングが注目されている理由は以下の2つです。

  • 商品やサービスが多すぎるから
  • 広告やネットの情報が信頼されなくなってきているから

技術が進化した今、たくさんの企業が同じような商品やサービスを提供できるようになりました。加えて、いろいろな企業がこぞってマスメディアやネットに広告を載せ、お金を払って商品の魅力をアピールするようになってきています。

その影響で、消費者は「この情報が本当かどうか信頼できない」「候補がありすぎてどの商品がいいのかわからない」と、情報に疑問を持ったり商品選びの軸に迷ったりすることが増えてしまったのです。

このような状況のなかで、機能性や品質以外にも魅力に感じてもらえるポイントを増やしたり、リアルなユーザーの声(UGC)を見込み顧客へたくさん届けたりすれば、自社を選んでもらうための仕組み作りができます。共感マーケティングは、現代の市場やユーザーの心理にマッチしたマーケティング手法なのです。

 
ビギニャー

たしかに、選択肢や情報が多すぎて「結局どれが本当にいいのかわからない」って思うことは増えてきました!僕もSNSや口コミを基準に商品を選ぶことが多いし、納得です!


 
シニヤン

そうだよね。ビギニャー君みたいな消費者が増えたから共感マーケティングには多くのメリットがあるんだけど、反対にデメリットもあるんだよ。


 
ビギニャー

え、良い効果だけじゃないんですか!?

共感マーケティングのメリット・デメリット

共感マーケティングは時代やニーズに合ったメリットが豊富な手法ですが、デメリットもあるため注意が必要です。導入するときは、メリットとデメリットの双方を理解することがとても大切です。

共感マーケティングのメリット

共感マーケティングのメリットは、ファンを獲得できて購買行動につなげやすい点です。感情に強く訴えかける施策を実施するため、共感が得られれば熱狂的なファンやロイヤルティの高い顧客の獲得に直結します。

このような顧客は購入単価や頻度が高くなりやすいですし、自ら商品の魅力やストーリーを発信してくれるため、さらなる拡散が見込める点もうれしいポイントです。

共感マーケティングのデメリット

共感マーケティングのデメリットは、万人受けしない点と即効性がない点です。当たり障りない表現やコンセプト・信念だけでは、消費者から強い共感を得ることは難しいでしょう。

そのため、ときには思い切った表現や戦略の実施が必要になりますが、内容によっては批判されたり、ネガティブな印象を持たれたりするリスクがあることも理解しなければいけません。

また、ファン化やブランディング、ロイヤルティの向上といった効果を狙う共感マーケティングは、すぐに成果が出るものではありません。時間をかけて効果を測定する必要があり、ときには成果が出ない場合もあることは押さえておきましょう。

 
シニヤン

共感を得たりシェアしてもらったりするのって、「普通の商品」だと難しいからね。印象に残る商品にするためには、それだけ独自性や思い切った戦略が必要になることは覚えておこうね。


 
ビギニャー

なるほど~。強い印象を残しつつ、誰かを不快にしたり反感を買ったりしないよう気をつける必要があるんですね……!


 
ビギニャー

聞いた限りとっても難しそうですが、共感マーケティングって具体的にはどうやって実施すればいいんでしょうか?

共感マーケティングを始める方法

「共感マーケティングを始めたい!」と思ったら、これから紹介する流れで分析や施策の立案を進めましょう!

ペルソナとニーズを分析する

まずは、商品を売りたいターゲットを絞り込みましょう。単に「30代女性」と属性から大きなユーザー像を決めるのではなく、「30代の主婦で、子ども1人と夫と3人暮らし。趣味は園芸で…」といったように、志向やライフスタイルなどについても詳しく設定すると、より強い共感を生み出しやすくなります。

このように、詳細な情報まで想定したユーザー像を「ペルソナ」と呼びます。ペルソナを設定したら、その人のニーズを分析して共感してもらえる商品コンセプトを考えましょう。先ほどの主婦の例で言えば、「家事の時短商品がほしい」「育児を効率化したい」「丁寧な暮らしを目指している」といったニーズやコンセプトが候補として挙げられます。

自社分析で共感ポイントを洗い出す

次に、自社分析を行って強みや独自性を明らかにして、ペルソナに共感してもらえるポイントを洗い出します。たとえば、「子育て世代の女性社員が開発した」「パパがママに贈りたいプレゼント1位に選ばれた」といったストーリーや実績があれば、ペルソナの感情を動かしやすくなります。アピールの仕方がわからないときは、自社分析に役立つフレームワークを活用するといいでしょう。

ストーリーを発信する

コンセプト決めや商品開発が完了したら、その商品のストーリーを消費者に向けて発信します。

  • なぜそのコンセプトにしようとしたのか
  • 開発の苦労や課題はあったのか
  • 商品を利用したお客さまにどのような変化があったのか
  • どのような課題を解決し、価値を提供する熱意があるのか

上記のような情報をSNSや自社コンテンツ、パッケージ、広告などで取り上げることで、共感を呼ぶことができます。この際、より高い熱量を込めることで濃いファンの獲得を目指せるでしょう。

UGCを獲得する仕組みを作る

UGC(User Generated Content)とは、口コミやブログ記事を含む「一般ユーザーによって作られたコンテンツ」です。共感マーケティングではUGCの存在が非常に重要ですが、「いい商品を作れば放っておいてもUGCが増える」という単純なものではありません。

初期段階で、口コミ投稿キャンペーンなどの企画を活用しながら戦略的にUGCを増やすことで、中長期的に自動的にUGCを投稿してもらえる空気感や仕組みを作り上げることが大切です。

 
シニヤン

インパクトが強い商品開発にばっかり目が生きそうになるけど、いちばん大切なのは「ユーザーのニーズを満たせる価値を提供すること」だということを忘れないようにね。


 
ビギニャー

はーい、先輩!さっそく僕も仕事のときに共感マーケティングを取り入れてみようっと!


 
シニヤン

ビギニャー君が共感マーケティングを成功させられるように、最後に注意点だけ教えておくね。

共感マーケティングの注意点

最後に、共感マーケティングを成功させるために意識したい注意点を3つご紹介します。

付け焼き刃な内容はバレる

共感マーケティングでよくある失敗として挙げられるのが、ファン化やブランディングを狙って付け焼き刃なコンセプトにしてしまうことです。

「商品を売るために作った形だけのコンセプトなんだろうな」「共感を狙っているのが見え見えだな」と思われてしまうと、消費者の心を動かすことはできません。

今までの行動や理念を踏まえ、違和感を抱かれたりブランドイメージと乖離しすぎたりしないコンセプトを設定することが大切です。

とくに以下のポイントに気をつけると、消費者に納得してもらえる共感マーケティングを実施しやすくなるでしょう。

  • 企業側に強い信念や思いがある
  • ユーザーや社会のために取り組んでいて、エゴではない
  • 企業全体や社員同士で共通の認識を持っている
  • 今までの行動や発言と一貫性がある

誇大広告・誤解させる表現は避ける

共感を狙うあまり、あまりにも強い表現や大げさな言葉を使うことは避けましょう。「この商品を使えば絶対に痩せます!」「本当に高品質なのはこの商品だけ」といった極端な表現は、トラブルを引き起こしたり競合企業に迷惑をかけたりするおそれがあります。

根拠のない断定表現や健康食品・美容関連商品における表現は「景品表示法」や「薬機法」に抵触する可能性があるため、とくに注意が必要です。自社商品の魅力を引き出すためのキャッチコピーや説明を心がけ、関係者やユーザーに迷惑をかけたり、真実ではないことを伝えたりすることは避けてくださいね。

③BtoBには通用しにくい

感情に訴えかける共感マーケティングは、BtoBマーケティングに通用しにくいという特徴があります。BtoBマーケティングの商材は購入した企業の業績やビジネスに直結することが多く、感情を排除した合理的な判断が必要だからです。

たとえば社内で使うWebシステムを選ぶときは、開発秘話よりも機能性や価格、導入後の効果のほうが重要視されますよね。また、BtoB商材は単価が高く複数の人物が購入の意思決定をするため、心理的な効果を狙った共感マーケティングだけでは十分な効果を得られないのです。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、集客からお問い合わせ、購買等のゴールまで目的に合わせたさまざまな広告手法をご提案し、運用・分析など一気通貫でのサポートを行っています。「出すだけじゃなくて、ちゃんと効果のある広告にしたいけどどうすれば・・・」そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介