ZMOTとは

「ZMOT(Zero Moment of Truth)」とは、顧客は事前に商品について調査していて、すでに来店前には購入品を決めているというマーケティング理論のことです。
この理論はGoogleが2011年に提唱したもので、インターネットが普及した現代における消費者の意思決定モデルを示しています。

この理論では、お客さまは来店した瞬間(1=First)ではなく、来店前の瞬間(0=Zero)の状態で企業と出会い、商品の購入を決めているということになります。
実際、欲しい商品があるときに自宅で口コミなどを検索して、買いたいものを決めてから店舗へ足を運んだことがある人は多いかもしれません。

顧客は来店前に購入の意思決定をしているので、ZMOTの段階で競争に勝つことが重要になってきます。
しがたって、インターネット上で情報発信をすることが、ECサイトを持つ企業だけではなく実店舗がメインの企業にとっても重要となってきているのです。

ZMOTを意識したマーケティング戦略を実施するためには、とにかく検索してもらうためのきっかけづくり消費者が求める情報の発信が肝心です。
消費者が好感を抱いてシェアしたくなるようなコンテンツを提供する「コンテンツマーケティング」の仕組みづくりができると、ZMOT段階での顧客獲得が目指せるでしょう。

 
シニヤン

ZMOTの前には、顧客は店頭で購入する商品を判断する「FMOT」や、購入した商品を実際に使用することで継続購入を判断する「SMOT」といったマーケティング理論も提唱されていたんだ。関連用語としてあわせて押さえておこうね!

FMOT
「FMOT(First Moment Of Truth)」とは、消費者が店頭で商品の購入を決める瞬間のメンタルモデルのことです。「店頭での数秒」のことをFMOT.....
SMOT
「SMOT」とは、P&G社が提唱した消費者が購買行動を決める瞬間に関するメンタルモデルのことです。消費者自身が商品を購入して使用したうえで商品の良し悪しに判断を.....
TMOT
「TMOT(Third Moment of Truth)」とは、顧客が商品を利用するなかで愛着が高まり、リピーターになる瞬間のメンタルモデルのことです。利用者が.....