離脱率とは

「離脱率」とは、Webサイトで該当するページからユーザーが離脱した割合のことです。
言い換えると、該当するページがセッションの最後のページビューになった割合ということになります。
離脱率は「そのページの離脱数÷そのページのPV数×100」で算出できます。

以下のケースを例に見てみましょう。
①LPに10人のユーザーが訪問し、LPを見たあとに3人が離脱
②残りの7人がページAに行き、ページAを見たあとに3人が離脱
③残り4人がページBへ行った
この場合、LPのPVは10で離脱数は3、ページAのPVは7で離脱数は3ということになります。
そのため、LPの離脱率は「3÷10×100=30%」、ページAの離脱率は「3÷7×100=42.8%」ということになるのです。

離脱率が高いページには、魅力がない、わかりにくいなどの問題が隠れている可能性があります
サイトの収益アップや商品の訴求力を向上させるためには欠かせない指標なので、ページごとの離脱率を分析してページ改善を行うことが大切です。

 
シニヤン

ちなみに、ユーザーが最初に訪れたページから離脱してしまう割合のことを「直帰率」と言うよ。セットで覚えておきたい言葉だから、こっちもチェックしておこう。


直帰率
「直帰率」とは、ユーザーが最初に訪問したページだけを閲覧し、そのままサイトから離脱してしまう割合のことを指します。 たとえば、以下のような行動が直帰だと判断され.....