ワイヤーフレームとは

「ワイヤーフレーム」とは、Webサイトのレイアウトを決める設計図のことです。
文字や線、図などで構成されたワイヤーフレームには、何をどこに配置してどのような機能をもたせるのかについて記載されています。

デザイン制作の前に用意して、完成形をイメージするために使用されます。
ディレクターやデザイナーはもちろんのこと、クライアントにも共有することが一般的です。
ワイヤーフレームに問題がなければ、その内容をもとにデザイン作業やコーディングに入っていきます。

ワイヤーフレームを作成せずにデザインに入ってしまえば、あとから記載事項の漏れやデザインの変更が出てきてしまう可能性があります。
あらかじめ大まかな設計図を提示することで、クライアントの要望に沿った最適なデザインにすることが可能となるのです。

 
シニヤン

ワイヤーフレームを作る前は、「ディレクトリマップ」を作成する必要があるよ。似ているけど、ワイヤーフレームは「1ページごとのレイアウト図」で、ディレクトリマップは「サイト全体の情報を記載した一覧表」と、まったく異なる役割をもつ設計図なんだ。