ホワイトハッカーとは

「ホワイトハッカー」とは、ITの技術や知識を使ってセキュリティ対策を行ったり、悪意のある攻撃からコンピューターやネットワークを守ったりするエンジニアのことです。

ハッカーというと、通常は第三者のコンピューターやネットワークに侵入して、情報を盗み出したり攻撃したりする悪意のある犯罪者を思い浮かべるでしょう。
こういったハッカーは「ブラックハッカー」や「クラッカー」と呼ばれており、クラッカーからの攻撃を防いで善良な活動を行っている人のことを、健全なハッカーとして「ホワイトハッカー」と呼んで区別しています。
つまり、クラッカーとハッカーは同じように高度なIT技術を持っていますが、その技術を攻撃に使うか攻撃から守るために使うかで呼び方が異なるのです。

ホワイトハッカーの仕事は多岐にわたりますが、疑似ハッキングテストによる脆弱性の診断やセキュリティ設計、セキュリティの保守・アップデートなどが代表的な業務として挙げられます。

ホワイトハッカーになるためには、IT・情報系の専門学校や大学などで専門知識を身につけ、政府関連機関や情報セキュリティシステムの開発企業、企業のセキュリティ専門部署などで経験と実績を積み重ねる必要があります。
簡単になれる職業ではありませんが、IT化が進む今後の社会において、ホワイトハッカーの重要性はますます高まっていくでしょう。

 
シニヤン

ホワイトハッカーとセキュリティエンジニアは混同されやすいんだけど、ホワイトハッカーはコンピューターやネットワークに侵入して攻撃を防ぐ職業、セキュリティエンジニアはシステムを構築して情報を守る職業なんだ。区別しておこうね!

マルウェア
「マルウェア」とは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスに不正かつ有害な操作を行うために作成された、悪意のあるソフトウェアやコードのことです。英語の「mali.....
DDos攻撃
「DDos(Denial of Service attack:サービス拒否攻撃)」とは、サーバーをパンクさせることを目的としたサイバー攻撃のひとつです。特定のW.....
トロイの木馬
「トロイの木馬」とは、デバイスに不正かつ有害な操作を行うために作成された、悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の一種です。 悪質ではない、もしくは有用性の高いプ.....