ユーザビリティとは

「ユーザビリティ」とは、製品やWebサイトなどの使いやすさのことを意味する言葉です。
ISO(国際標準化機構)では、ユーザビリティを「特定の利用状況において、特定の利用者によってある製品が指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」と定義しています。
ユーザビリティには、操作の手軽さ機能の豊富さなどさまざまな指標が含まれていますが、目的の情報までどれほどたどり着きやすいかといった「効率性」についても重視される点が特徴です。

ストレスがなくスムーズに使える製品やWebサイトを「ユーザビリティが高い」と表現します。
たとえば、以下のようなサイトはユーザビリティが高いと言えます。
・画像やアニメーションが適切で動作が軽い
・検索窓や目次が設置されていて目的を簡単に達成できる
・リンク切れや内部リンクミスなどがなくて利便に活用できる

ユーザビリティが低いと売上が下落したり顧客の獲得・維持が困難になったりしてしまい、最悪の場合ブランド力の低下につながってしまう恐れがあります。
反対にユーザビリティが高いとユーザーが目的を達成しやすくなるため、コンバージョン率が上がって売上の向上につながります。

なお2018年のGoogleアップデートにより、モバイルファーストインデックスが実施されました。
これにより、今後はモバイル端末のユーザビリティの向上が上位表示の必須条件となっています。
ユーザビリティの改善はユーザーの満足度を高めるだけではなく、SEO効果も高い施策であると言えます。

 
シニヤン

ユーザビリティと密接な関係をもつ言葉として「UI」と「UX」というものがあるよ。UIはユーザーとサービスの接触面、UXはユーザーがサービスの利用で得られる体験を意味するんだ。この3つはどれも欠かせない要素だから、しっかりと押さえておこう!