トンマナとは

「トンマナ」とは、広告やWebコンテンツの制作において、色調などのデザインや文章のスタイルなどを統一するルールのことを指します。
調子・様式の意味を持つ「トーン(tone)」と、様式・作風の意味を持つ「マナー(manner:様式・作風)」を合わせた「トーン&マナー」という言葉の略称です。

トンマナを設定すべき要素としてははさまざまなものがありますが、配色や素材、レイアウトやフォント、文体などが挙げられます。

商材や企業のブランディングにおいては、コンセプトや雰囲気を統一し、一貫性をもたせることが非常に重要です。
トンマナを設定してユーザーに与える印象を統一することで、サービスを認識してもらいやすくなりますし、広告やコンテンツを制作するときに不採用の確率を低減させられます。

なお、トンマナを設定することでマーケティングに成功した一例としては、以下のような企業が挙げられます。
・スターバックス:ブランドカラーのグリーン
・コカ・コーラ:コーポレートカラーの赤
・ユニクロ:正方形で鮮やかな赤を使ったロゴ

このように、トンマナを正しく設定してコンテンツを制作できると、商品や企業のブランド価値を高めることが可能です。
反対に、トンマナに沿わないコンテンツを作成してしまうと、統一性がなくなってユーザーに違和感を与えてしまいますし、同一ブランドだと認識してもらいにくくなります。
ブランディングを成功させるためには、適切なトンマナを設定し、それを貫くことが欠かせないのです。

 
シニヤン

トンマナがあると、コンテンツ制作をスムーズにする効果もあるのですね!企業ブランドに沿ったコンテンツを作成するためにはもちろん、デザイナーやライターへの発注をスムーズにするためにも、トンマナを活用できるといいですね!