ティザー広告とは

「ティザー広告」とは、意図的に商品の要素を隠すことで、消費者の注目を集めることを目的とした広告手法のことです。
もともともは、英語で「焦らす」という意味がある「Tease」からきています。

ディザー広告に使うWebサイトを「ティザーサイト」と言います。
大きなキャッチコピーだけを載せて「coming soon」と記載したサイトや、カウントダウンだけを公開する広告を目にしたことがある人は多いかもしれません。
これが、ディザー広告やディザーサイトの代表的な手法です。

大きな要素や最低限の情報だけを提示すると、消費者に「もっと知りたい!」と思わせることが可能です。
好奇心や興味を刺激することで商品ページやホームページへ誘導できるようになり、高い集客効果を得られます。
とくに、類似商品と差別化を図りたいときに用いられることが多い手法です。

効果が高いプロモーション手法である一方、制作難易度が高いというデメリットがある点に注意しましょう。
商品やサービスの情報を隠しすぎてしまうと、商品の概要や広告の意図がまったくわからないものになってしまい、集客効果が得られない恐れがあります。
反対に、情報を公開しすぎてしまうとディザー広告として成り立たなくなってしまいます。

近年は多くの企業が使うディザー広告に良い印象を抱かない消費者もいるため、活用は慎重に検討しましょう。

 
シニヤン

ちなみに、ティザー広告と同様の手法を用いた写真やイラストを「ティザービジュアル」、映像を「ティザー映像」と言うよ。それぞれを効果的に組み合わせて活用することで、ユーザーの期待値や興味を高められるんだ。