SWOT分析とは

「SWOT分析」とは、企業の内部環境や外部環境を客観的に分析し、効果的な経営戦略を立てるために用いられる基本のフレームワークです。

企業が事業を営む際は、競合や市場トレンド、法律などといった「外部環境」と、自社の資産やブランド力、商品価格や品質などといった「内部環境」を考慮しなければいけません。
この2つの環境をプラスの要因とマイナスの要因に分けて分析することで、マーケティング施策の考案経営資源の最適化を実現することが可能です。

なおSWOT分析で分析する要素は、以下の4つです。
Strength(強み):自社が持つ強み、技術力の強さ、顧客数など
Weakness(弱み):自社が苦手とすること、できていないこと、競合に劣っている点
Opportunity(機会):ビジネスチャンスとなる環境の変化
Threat(脅威):自社の強みを打ち消すリスクがある環境変化
強みと弱みは内部環境、機会と脅威は外部環境に分類されます。

ただし、SWOT分析は、単なる現状の把握に過ぎません。
SWOT分析の要素が埋まったら、「強み × 機会」「強み × 脅威」「弱み × 機会」「弱み × 脅威」を組み合わせて、「クロスSWOT分析」を行いましょう。
クロスSWOT分析まで行うことで、実際に計画に落とし込める具体的な戦術や戦略が見えてきます。

 
シニヤン

外部環境を分析するためのフレームワークとしては、ほかにも「PEST分析」や「ファイブフォース分析」があるよ。複数のフレームワークを組み合わせることでより効果的な戦略が見えてくるから、ぜひ活用してみてね!

ベネフィット
「ベネフィット(Benefit)」とは、顧客が商品から得られるプラスの効果や影響のことです。日本語に直すと、「利益・恩恵・便益」などといった意味を持つ言葉です。.....