サブスクリプションとは

「サブスクリプション」とは、商品やサービスを購入して所有するのではなく、必要なときに必要な分だけ利用できるビジネスモデルのことを指します。
支払った料金に応じてサービスが利用できるサービスのことを「サブスクリプションサービス」と呼び、近年主流になりつつあります。
たとえば、動画配信サービスの「Netflix」や音楽配信サービスの「Apple music」などがサブスクリプションサービスに含まれます。

一般的に、サービスの使用量や回数ではなく利用する期間で料金を請求するビジネスモデルを意味しますが、「サブスクリプション=定額制課金」ではないため注意しましょう
割合としては少ないですが、必要な分だけ課金する従量制のサブスクリプションサービスも存在しています。

近年は飲食店やアパレルなどといったさまざまなサブスクリプションサービスが登場しており、ユーザーは常に最新の商品やサービスを料金に応じて利用することができます。
企業は中期的に顧客とのつながりをもつことができ、継続的な収益向上を目指すことが可能です。

 
シニヤン

今後企業が利益を生み出すためには、顧客に「継続して使い続けたい」と思ってもらうようなサービスを提供していくことが大切なんだ。サブスクリプションサービスを活用することで、顧客が生涯を通して企業にもたらす利益「LTV」を効率よく高められるよ。