SSPとは

「SSP(Supply Side Platform)」とは、メディアが広告枠の販売を効率化したり収益を最大化したりするためのシステムのことを指します。
メディアが広告枠や価格、出稿希望条件などを設定すると、SSPは自動で条件に合致する広告のうち、もっとも高い掲載料を支払ってくれるものを選んで配信してくれます。

メディアは広告の選定や配信を自動化できるため、運用コストを軽減して高い利益を得られるようになるのです。
また、メディアに訪問したユーザーの情報や広告枠を一元管理し、リアルタイム入札を行う役割もはたしています。

SSPには、ユーザーの種類が豊富で広告入札が盛んに行われるメディアと非常に相性がいいです。
対して、同一ユーザーや類似オーディエンスが多く、広告枠に対する取引が少ないメディアでは、収益よりもSSPのコストのほうが高くつく可能性があります。

 
シニヤン

ほかにも、広告主側の広告効果を最大化するためのプラットフォーム「DSP」や、DSPとSSPの精度を高めるためのプラットフォーム「DMP」というものがあるよ。Webマーケティングには欠かせない用語ばかりだから、それぞれの意味を押さえておこうね!


DSP
「DSP(Demand-Side Platform)」とは、広告出稿の費用対効果を高めるためのプラットフォームです。広告枠の買い付けから効果の分析まで自動で行い.....