SSL(Secure Sockets Layer)とは

「SSL(Secure Sockets Layer)」とは、Webブラウザサーバーの間で行なわれるデータ通信を暗号化して送受信する仕組みのことを指します。

インターネット上でやり取りされる氏名や住所、クレジットカード番号等の個人情報などは第三者から狙われやすいため、SSLで通信を暗号化することで盗聴や改ざんを防ぐことが重要です。
なおSSLを実装しているサイトは、URLに「http」ではなく「https」と表示されます

SSLの仕組みは以下のとおりです。
・通信しているデバイス間で「ハンドシェイク」と呼ばれる認証プロセスを通して、両方のデバイスが通信先として間違っていないか検証する
・データに運営者情報が含まれた「SSLサーバー証明書」を付与し、データが改ざんされていないという整合性を提供する

近年は一般の消費者にもSSL家の仕組みはサーバー証明の重要度が認知されるようになってきており、使用するWebサイトを見極めるひとつの指標になってきています。
SSL化していないと顧客を危険に晒すだけではなく、信頼度を低下させる原因となるため、企業は必ずSSL化してセキュリティ対策が万全であることをアピールする必要があります

 
シニヤン

SSLは何度か更新されていて、よりセキュアなものになっています。3.0まで更新を重ねたあとは「TLS1.0」という名称に変更されていますが、機能や役割は同じです。SSLの方が認知度は高いため、両者をまとめてSSLと呼ぶことが多いです。