スモールワードとは

「スモールワード」とは、検索回数が少ないキーワードのことを意味します。
スモールワードが単体で検索されることは少ないですが、検索規模が大きいビッグワードと一緒に検索されることが多く、競合が少ないというメリットがあります。
そのため効果的に活用できれば、少ない検索数でも高い成果につなげることが可能です。

たとえば、駅チカのコンセントカフェを探したいとしましょう。
このとき「コンセントカフェ」がビッグワードで、「コンセントが使える〇〇駅のカフェ」がスモールワードとなります。
ほかにも、複合キーワードである「カフェ 〇〇駅 コンセント」で検索する人もいるでしょう。
こういった複合キーワードやビッグワードよりも、競合が少ないスモールワードのほうが上位表示されやすく、成果も得られやすいこともあります。

ただし、スモールワードだけでは訪問者数の大幅な増加は見込めません。
上位表示を目指すのであれば、サイト内のコンテンツを充実させたり内部リンクや外部リンクを最適化したりすることで、SEOに有利なサイトになるよう育成する必要があります。
そして、徐々に検索規模が中くらいの「ミドルワード」、検索規模が大きい「ビッグワード」で上位表示を目指していくことが肝心なのです。

 
シニヤン

ちなみに、適切なキーワードの選定や内部リンク・外部リンクの最適化などで、SEOに有利に働くサイトに育成することを「ドメインパワーを上げる」と言うんだ。スモールワードの活用は、ドメインパワーを上げたいときに有効な施策なんだよ。

SEO
「SEO(Search Engine Optimization)」とは、日本語で検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索エンジンのオーガニック検索で上位にコン.....
オーガニック検索
「オーガニック検索」とは、ユーザーがキーワードを検索したときに表示される、広告を除いた検索結果のことです。広告などを含まない純粋な検索結果を指すことこから、「自.....