セグメンテーションとは

「セグメンテーション」とは、市場を分析して細分化し、顧客を分類することです。
セグメンテーションで市場や顧客を同じニーズや特性をもつグループに分割することで、自社が生き残れるターゲット顧客層を選定することが可能となります。

たとえば、セグメンテーションでは以下のような基準で市場や顧客を分類します。
・地理的変数:都道府県、市町村、気候、土地文化など
・人口変動変数:年齢、性別、家族構成、年収、職業など
・心理的変数:ライフスタイル、価値観、性格、好みなど
・行動変数:購入状況、購入頻度など

従来のマーケティングは、ユーザーを特定せずに大量の対象者にアプローチする「マスマーケティング」が主流でした。
しかし、消費者の価値観が多様化した現代の市場では、従来のマスマーケティングではニーズに答えられなくなってきており、セグメンテーションによるピンポイントのアプローチの重要性が高まってきています。

近年はIT技術の進化やSNSの普及により、従来活用しにくかった個人情報を用いたセグメンテーションを行ないやすくなりました。
今後、競争優位性を確立して企業利益を向上させるためには、セグメンテーションの活用はより欠かせないものになっていくでしょう。

 
シニヤン

ちなみに、セグメンテーションと相性がいいアプローチ法としては「リスティング広告」や「ディスプレイ広告」、「コンテンツマーケティング」などが挙げられるよ。こういった手法を検討している企業は、ぜひセグメンテーションを活用してみてね!