SaaSとは

「SaaS(Software as a Service)」とは、インターネットを経由してアプリケーションをレンタルする事業者やサービス形態のことです。
ユーザーがアプリケーションやソフトウェアをインストールするのではなく、インターネット経由で利用する形態を指します。

たとえば、インターネットを経由して利用する「Gmail」や「Dropbox」などがSaaSの一例として挙げられます。

SaaSの利用を希望するとき、ユーザーはサービスの申し込みを行えば、その日からシステムを利用可能です。
このスピード感と手軽さがSaaSの大きな強みなのです。

SaaSの登場で、ソフトウェアは所有するものではなく「利用するもの」に変化してきました。
それにともない、売り切り型からサブスクリプション型のビジネスモデルが主流になりつつあります。

 
シニヤン

SaaSの台頭とともに注目されるようになった「サブスクリプション」は、一定期間ごとに料金を支払うことで、期間中サービスや商品を使用できる形式のビジネスモデルを指すよ。今後主流になっていくことが予想されるから、しっかりと押さえておこうね。