ラフとは

「ラフ」とは「おおかま」という意味を持つ英語で、簡単に作成したデザインやイメージ画像のことです。

Web広告の世界では、広告やWebサイトの完成イメージを共有するために、手書きのスケッチやイメージの構成を簡単に図にしたりしたもののことを指します。
Webサイトのロゴやナビゲーション、各コンテンツの配置などのアイデアを書き出すラフ案は、デザイン変更があることを想定して複数案作成することが一般的です。

作成されたラフ案は、初稿段階で構成や方向性を共有し、制作者や依頼者との間にズレが生じることを防ぐために活用されます。
その後、実際にコンテンツを実寸サイズの枠で配置した図面である「ワイヤーフレーム」を作成し、より具体的なWebや広告の制作に入っていくことが、Web広告を制作する際の基本的な流れです。

 
シニヤン

ちなみに、ラフという言葉はデザイン用語としても使われるよ!Web広告におけるラフは、手書きでざっくりと書かれたラフ画のWebサイトや広告版と考えておくとわかりやすいよ!