ROIとは

「ROI(Return On Investment)」は、投資した費用に対してどれほど利益が発生したのかを計測する指標です。

広告やマーケティングの効果など、支払いが発生する施策の費用対効果を数値化したものです。
ROIが高いほど、少ない投資額で効果が高くて効率的な施策が打ち出せているということになります。

なお、ROIは「利益金額÷投資金額×100(%)」で算出できます。
たとえば、売上が1,000万円、原価が300万円、投資額が200万円だった場合、利益は「1,000万円-300万円-200万円=500万円」となり、ROIは「500万円÷200万円×100=250%」ということになるわけです。
投資額以上の利益が発生している場合は、100%よりも高い数値が算出されます。
このようにROIを求めると、「施策が成功しているのか」「価値があるのかどうか」を客観的な数値で判断できるようになります。

ROIを計算するときは、目標とする数値や利益の設定、どこまでを投資額に含めるのかを明らかにしておくことが大切です。
広告の掲載やメール配信、セミナー開催など、施策ごとにROIを算出して効果測定や改善策を講ずることが、マーケティング効果を高めるコツです。

 
シニヤン

ROIと似た言葉として「ROAS」というものがあるよ。どちらも広告費用の回収率を意味しているんだけど、ROIは「投資に対する利益」、ROASは「売上効果」を示すものなんだ。どちらも、数字が大きいほど施策が成功しているということになるよ!