RFM分析とは

「RFM分析」とは、顧客を分析するための手法の一つです。
購買行動によって顧客をグループ分けして可視化することで、それぞれの特性に合ったマーケティング施策を実行できるようになるという効果があります。

RFM分析では、以下の3つの指標を用いて顧客分析を行います。
Recency(最終購入日):最後に商品を購入したかを抽出し、最近であるほど高く顧客をランク付けする
Frequency(購入頻度):購入頻度を抽出し、購入頻度が高さから顧客のランク付けや満足度の把握を行う
Monetary(購入金額):購入履歴を分析し、総額が大きいほど高く顧客をランク付けする

上記の指標で顧客を「優良顧客」「非優良顧客」「新規顧客」「安定顧客」「離反顧客」といったグループに分けられれば、顧客にとって最適なタイミングやニーズに合わせたアプローチをすることが可能となります。
また、すべてのランクが低い顧客は購入につながる可能性が低いため、マーケティング対象から外すことでムダなアプローチを省くという選択肢も見えてきます。

ただし、RFM分析は購入頻度の低い高額な商品の分析には向いていません。
また、購入される商品の特性や購買心理については考慮されない点にも注意が必要です。
RFM分析を活用する際は商品の特性を考慮しつつ、顧客心理なども総合的に踏まえながらマーケティング施策を考案することが非常に大切です。

 
シニヤン

RFM分析は多くのデータと手間がかかるから、人力で行うことは難しいよ。MAやCRMといったツールを上手く利用しながら分析すると、コストも時間も抑えることができるから、ぜひ活用してみてね!

CRMとは? 初心者でもわかる「顧客管理の基本」を説明!
CRMとは? 初心者でもわかる「顧客管理の基本」を説明!
CRMとは、Customer Relationship Management(カスターマー リレーションシップ マネジメント)の略で、「顧客関係管理」という意味.....
リード
「リード(Lead)」とは、BtoBマーケティングの対象となる見込み客を意味する用語です。会社のサービスに何らかの形で関心を持っていて、将来的に顧客になってくれ.....