リマーケティングとは

「リマーケティング(リマケ)」とは、一度自社のサイトに訪問したユーザーに対して、再度アプローチする広告を出すことです。
リマーケティング広告を出すときは、「Cookie」と呼ばれるサイトを訪問したユーザーのデータを一時的に保管しておく仕組みを活用します。

たとえば、中古車販売サイトを見たあとに全く別のサイトへ移動したとき、過去に訪問した中古車販売サイトが広告枠に表示される場合は、リマーケティング広告が表示されているということになるのです。

リマーケティング広告では、一度サイトを訪問してくれたユーザーに対して再アプローチできるため、クリック率や成約率が高くなりやすいという特長があります。

 
シニヤン

ちなみに、「リマーケティング」はGoogle広告のことを指して、Yahoo!やFacebookなどの広告を「リターゲティング」と呼ぶよ。意味は全く同じだけど、呼び方が違うから両方押さえておこうね。


リターゲティング
「リターゲティング(リタゲ)」は、一度自社のサイトを訪れたユーザーをターゲットに、自社の広告を配信するインターネット広告手法のひとつです。 一度訪問したことがあ.....