パーパスとは

「パーパス」とは、目的や意図を意味して使われる言葉で、社会から存在価値を感じてもらい、ブランドが高い企業であり続けるために必要な「存在意義」のことです。
企業においては、経営戦略やブランディング戦略、マーケティングについて考えるときに重要視されています。

たとえば、以下のようなことがパーパスの例として挙げられます。
・自社が存在している社会的な意味
・商品やサービスを市場に届ける目的
・仕事に取り組む意義 など

企業には、必ず目指す「ビジョン」やビジョンを達成するための「ミッション」があります。
そのビジョンやミッションを掲げている理由や信念を深堀りし、「なぜこうなりたいのか」を明らかにするのがパーパスなのです。

明確なパーパスを持っていると、従業員が足並みをそろえて価値提供できるようになりますし、他社との差別化やブランディングに役立ちます。
消費者やステークホルダー(利害関係者)からの信頼を得られるようになるので、企業が持続的に成長できる可能性が高まるのです。

 
シニヤン

パーパスの関連用語として、「MVV」というものがあるよ。これは、ミッション・ビジョン・バリューの略語なんだ。パーパスを考えるときは、MVVを明確にすることも欠かせないから、あわせてチェックしておこうね!