プロダクトアウトとは

「プロダクトアウト」とは、会社の方針や強みに基準をおいて商品開発や生産を行うことを指します。
わかりやすく言うと、買い手のニーズよりも企業がいいと思ったものを作り、完成してからどのように販売するかを考えるスタイルです。
身近な例でいうと、革新的な製品を生み出し続けるApple社がプロダクトアウトを大成功させた企業として挙げられます。

企業が得意とする技術を活かして製品を作り上げるため、技術力や強みを大いに発揮できるというメリットがあります。
また、ほかにはない独自の製品を生み出せる可能性があるため、差別化が図れて大ヒット商品が誕生する可能性もあるでしょう。
自社がすでに持っている技術や強みを利用するため、市場調査や新技術の採用を行う必要がなく、コストを抑えられるという特長もあります。

ただし自社の基準を重視しすぎてしまい、ニーズに合わない製品になってしまうリスクもあります。
製品の売れ行きや評価をもとに、世の中のニーズに合った製品へと見直しをすることになれば、余分なコストや時間が追加でかかることになるかもしれません。

プロダクトアウトには強みだけではなく弱みもあるため、自社の強みと世の中のニーズの両方を意識した戦略を考えていくことが肝心です。

 
シニヤン

プロダクトアウトに対して、消費者のニーズを優先しながら商品の企画・開発を行うことを「マーケットイン」と言うよ。どちらかの考えに偏るのではなく、両方を組み合わせて商品開発をすることが大切なんだ。