PDCAとは

「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返して、継続的に業務の改善を目指すフレームワークです。
1950年代に品質管理の父と呼ばれるW・エドワーズ・デミングによって提唱されたマネジメント手法で、業界や業種を問わずに利用されています。

それぞれのプロセスごとのポイントは、以下のとおりです。
Plan(計画):目標とそれを達成するためのプランの作成
Do(実行):立案した目標やプランにもとづいて段階的に実行して記録する
Check(評価):実行した計画を実行し、達成度合いを評価する
Action(改善):評価から明らかになった課題から改善点を探る

なお、上記の一連の流れを繰り返して循環させることを「PDCAサイクル」と言います。

PDCAサイクルを回すことで早期の段階で効果を分析でき、効果的な改善策を見つけられるようになります。
よりよいマネジメントを可能にするため、Web制作のシーンでもよく活用されている手法です。

 
シニヤン

ちなみに、似たようなフレームワークとして「OODAループ」というものもあるよ。Observe(観察)・Orient(方針決定)・Decide(意思決定)・Act(行動)の頭文字を意味していて、観察をもとに方針を立てて行動に移す手法なんだ。