パララックスとは

「パララックス(Parallax)」とは、ユーザーが行う動作を利用したWebサイトの表現技法のひとつです。
日本語の意味は「視差」で、遠近差や方向、物の位置の差異という意味を持つ英語です。

Webデザインにおいては、ユーザーがWebサイトを閲覧している際、画面をスクロールする動きに合わせて各要素を移動させるスピード感を変えたり、配置を変化させたりする技法をパララックスと呼びます。
そうすることでWebサイト内に視差を生み出し、立体感や奥行きを演出することができるのです。
ちなみにパララックスの技法を用いたサイトは、パララックスサイトと言われています。

パララックスを用いれば、ユーザーの興味を惹きつけて効果的にアピールポイントを強調できますし、オシャレでストーリー性のあるサイトに仕上げることが可能です。
ただし、あまりにも凝ったデザインにすると、表示スピードの低速化や使いにくさ、制作コストの増加につながるおそれがあるため注意が必要です。

すべてのページでパララックスを取り入れたりデータ量や情報を詰め込みすぎたりするのではなく、必要なポイントのみで活用すると、高い効果を発揮してくれるでしょう。

 
シニヤン

パララックスサイトは、すぐにコンテンツにたどり着きたいと考えているユーザーにとってはストレスになりやすいんだ。本当に自社サイトに必要な表現技法なのか、しっかりと考えたうえで採用しようね。