OTT(オーバー・ザ・トップ)とは

「OTT(オーバー・ザ・トップ)」とは、インターネット通信を通じて提供される動画配信や音声通話、SNSなどといったマルチメディアサービスや提供事業者のことを指します。
なおOTTサービスには、インターネットサービスプロバイダ(ISP)や通信事業者などのインフラ業者は含まれません。

こういったサービスは従来、ISPや通信事業者によって提供されていました。
しかし、近年はユーザーが自ら希望するOTTサービスに登録すれば、インターネット経由で自由にコンテンツへアクセスできるようになってきています。
インターネット回線を活用することで、インフラの枠を飛びこえてコンテンツが届けられるようになったことから、「雲の上」を意味するオーバー・ザ・トップという名称で呼ばれるようになったのです。

おもなOTTサービスとしては、以下のようなものが挙げられます。
・動画配信:YouTube、Netflix、アマゾンプライム・ビデオ
・音声配信:Apple Music、Spotify、radiko
・音声通話:LINE、カカオトーク、Skype
・SNS:Twitter、Facebook、Instagram

近年OTTが急速に普及したのは、インターネット通信の高速化やデバイスの進化、嗜好の多様化によるライフスタイルの変化が大きく影響していると言われています。

技術の進化により、OTTはパソコンだけではなくモバイル端末やテレビなどでも気軽に利用でき、マーケティングや広告配信にも影響を与えるようになってきました。
パーソナライズ化した広告の配信ユーザーエンゲージメントの向上広告コストの削減に効果的であるため、今後さらなる活用が期待されています。

 
シニヤン

近頃は、通信事業者がOTTサービスを開始する動きも出てきているんだ。NTTドコモが提供する「dビデオ」が、例として挙げられるよ。こういった取り組みをすることで、通信事業者は回線を提供するだけの状態になる「土管化」を防ごうとしているんだ。

トランスフォーメーション
「トランスフォーメーション」とは、変形・変質・変容などといった意味を持つ言葉です。ビジネスシーンでトランスフォーメーションを使うときは、デジタル技術によるビジネ.....