オプトインとは

「オプトイン」とは、個人情報の取得や利用などをユーザーの意思にもとづいて行うシステムにおいて、企業からの情報を受け取ることや個人情報を利用されることについて、あらかじめ許諾することです。

ユーザーの許諾を受けて配信する広告宣伝メールを「オプトイン・メール」と言います。
オプトインの顧客は、企業やサービスに対して興味を持っていると判断できるため、積極的に販促活動を行うことで高い成約率が期待できます。

オプトインに対し、企業からの情報受け取りや個人情報の利用を拒否することを「オプトアウト」と呼び、許可なく宣伝広告メールを送り付けることを「オプトアウト・メール」と言います。

日本では2008年に改正された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」により、オプトアウト・メールが禁止されました。
従来は「メールが不要なときは配信停止する形式」のダイレクトメールが採用されていましたが、現在は「メールの受信を希望している人にのみメールを送信する」というオプトイン方式のダイレクトメールの採用が義務付けられています

さらに、海外では個人情報の取得をオプトイン方式で行うことが義務付けられており、ユーザーの許可がないとCookieを取得できなくなっています。
今後、日本でもこういった流れになる可能性は十分に考えられるでしょう。

 
シニヤン

「オプトイン」と「オプトアウト」は、会議でもセットで使われることが多い言葉です!両方の意味をしっかりと区別して覚えておかなきゃですね!