OMOとは

「OMO(Online Merges with Offline)」とは、オンラインとオフラインの垣根を越えたマーケティング概念のことです。

日本語に直すと、「オンラインとオフラインを融合する」という意味を持っています。
オンラインとオフラインの境界線をなくし、顧客一人ひとりに最適なサービスを提供することで、顧客体験の向上を目指すことがOMOの目的です。

少しイメージしにくいかもしれませんが、たとえば以下のようなものがOMOの一例として挙げられます。
・店頭にチャットボットを設置してオンラインの在庫やレビューを確認できるようにする
・店頭に設置されたディスプレイでさまざまな服を試着できるようにする
・オンラインでアカウント登録と顔認証を行っておけば、顔認証で店頭の支払いができるようにする

OMOは、あらゆる販売網を通して顧客との接点を増やすマーケティング手法である「オムニチャネル」と似ていますが、それぞれは考え方が全く異なります。
OMOはオンラインとオフラインを融合させて区別しないことで、購買行動だけではなく顧客体験にも影響を与えます。
他方でオムニチャネルは、さまざまな販売経路で顧客と接点を持ち、一貫性のある購買体験を提供する戦略です。
OMOは顧客体験の向上オムニチャネルは販売促進が目的となっているため、それぞれを区別しておくことが大切です。

 
シニヤン

ちなみに、OMOと似た概念として「O2O」というものがあるよ。これは、オンラインからオフラインへの顧客誘導を行う販売促進手法全般を意味しているんだ。オンラインで実店舗のみで使えるクーポンを発行するといった手法が、例として挙げられるよ。

オムニチャネル
「オムニチャネル」とは、企業が作った商品やサービスが消費者に届くまでの経路(チャネル)が、すべて連携・統合されている状態のことです。Webサービスや店舗、SNS.....