オムニチャネルとは

「オムニチャネル」とは、企業が作った商品やサービスが消費者に届くまでの経路(チャネル)が、すべて連携・統合されている状態のことです。
Webサービスや店舗、SNSなどチャネルの違いを意識させず、シームレスな購入体験ができる点が大きな特長です。

複数のチャネルが存在することを「マルチチャネル」、それぞれのチャネルで情報が連携されていることを「クロスチャネル」と言いますが、オムニチャネルはこれらのチャネルから一歩進んだ状態を指しているとイメージしましょう。

それぞれのチャネルの違いとして一例を挙げると、以下のようになります。
・マルチチャネル:店頭とECサイトの在庫情報が連携されていないため、自分で調べる必要がある
・クロスチャネル:店頭でECサイトの在庫を確認できるが、店頭からの注文はできない
・オムニチャネル:店頭でECサイトの在庫を確認でき、そのまま注文・支払いして自宅で受け取れる

このように、オムニチャネルであればユーザーはどの販路からもスムーズに購入でき、どこのチャネルからでも均一な顧客体験が可能です。
近年のユーザーは、店舗やECサイト、SNSなどさまざまなチャネルを渡り歩くようになってきたため、買いたいタイミングで購入できる仕組みになっているオムニチャネルの重要性が高まってきています。

 
シニヤン

近年は「オムニチャネル」を導入して集客率や売上アップを叶えている企業が増えてきているみたいです!オムニチャネルはすぐに導入できるものではないので、今から少しずつ取り組んでいくことが大切ですね!