NFTとは

「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」とは、ブロックチェーン技術を活用した代替不可能なデジタル資産のことです。
簡単に言うと、改ざんや破壊が難しい唯一無二の電子的な資産ということになります。

少しわかりにくいので、ここでは「ブロックチェーン」と「トークン」の2つの言葉を言い換えてみましょう。
・ブロックチェーン:取引の流れを鎖のように繋げて記録し、いろいろなネットワークに分散して保存することで、データの破壊や改ざんなどを防ぐための技術
・トークン:ブロックチェーンの技術を使った、インターネット上で取引される財産
上記の言葉がざっくりと理解できると、NFTがどのようなものかイメージしやすくなるでしょう。

従来、デジタルデータは誰でも複製や再配布ができていたので、量産しやすく希少価値がありませんでした。
そこで、NFTとして過去の購入者や所有者のデータを記録して非代替性を証明することで、唯一無二の希少価値を持たせることが可能となり、資産として売買や投資に活用できるようになったのです。

現在はデジタルアートや音楽、トレーディングカードなどさまざまな分野のNFTが生まれており、デジタルアートが数百万円で取引された事例もあります。
今後、NFTの注目度はますます高まっていくことが予想されているため、売買を行うための「NFTマーケットプレイス」のサービスを提供する事業者が急増しています。

 
シニヤン

取引時に手数料がかかったり法整備が進んでいなかったりなど、NFTには課題も多く存在しているんだ。正しい知識を身につけて、自己責任で投資やビジネスに活用することが大切だよ。