ニューロマーケティングとは

「ニューロマーケティング」とは、脳科学の知識や技術を活用して、消費者の無意識の行動や感情の変化を読み取り、マーケティングに取り入れる手法のことです。

従来、消費者が商品を購入するときは値段や味、デザインや使いやすさなどが決め手になっていると考えられていました。
しかし実際には、「美味しそうだと感じたから」という理由で購入したとしても、その理由を聞かれると明確な答えは出ず「なんとなく」と答える人が多いことがわかっています。

ニューロマーケティングは、この言語化できない消費者の感情や行動を解き明かし、客観的に評価したり可視化したりする手法なのです。
今までは目に見えなかった消費者の心理を分析できれば、より消費者に選ばれる商品の開発や効果的なマーケティング施策の実施に役立てられます。

ニューロマーケティングの際は、具体的に以下の3つの指標が重要だとされています。
生理指標:心拍数や脳派、前頭葉の血液量などの数値
行動指標:視線の動きや表情の変化など、心身の動きを分析したデータ
主観指標:アンケートや面接などの手法を洗練させ、感情や評価をより深く聞き出したデータ

ニューロマーケティングをすることで、消費者の本音を引き出して感情や行動を数値化できるというメリットがあります。

しかし反対に、無意識の意思決定プロセスを可視化することに倫理的な問題があると考えられたり、発展途上の技術であるがゆえに正確性が疑われることがあったりするという問題点もあります。
これからますます成長していく分野ではありますが、現段階では慎重に活用することが大切です。

 
シニヤン

科学は常に発展しているから、今活用されているニューロマーケティングの手法が数年後には覆されている可能性もあるんだ。まだまだ不確定要素も多いから、一部の数値だけを過信することは避け、仮説と検証を繰り返して精度を高めることが重要だよ。