ネイティブ広告とは

「ネイティブ広告」とは、掲載される媒体へ自然に溶け込み、まるでコンテンツの一部であるかのように表示される広告のことです。
サイト内のコンテンツと同じフォーマットで表示させるので、ユーザーに「広告が多くてイヤだな」と嫌悪感を抱かせることなく、情報を届けられるというメリットがあります。

ネイティブ広告には複数の種類があるので、一例を紹介します。
・インフィード型:ブログやSNSなど、メディアコンテンツのように表示される広告
・検索連動型:検索結果の一部であるかのように表示される広告(リスティング広告)
・レコメンドウィジェット型:おすすめ記事や関連記事など、レコメンド欄に表示される広告
・プロモートリスティング型:ECサイトや口コミサイトなどで検索したとき、最上部にスポンサー枠として表示される広告

ネイティブ広告は、ユーザーにストレスをかけることなく宣伝できるほか、クリックされやすかったり潜在層への訴求に効果的だったりと、メリットが豊富です。
ただし、広告の作成に手間がかかり、ユーザーから反感をかってしまうおそれがあることに注意しましょう。

 
シニヤン

コンテンツの一部だと思ってクリックしたリンクから広告色が強いページに飛ばされると、ユーザーの反感をかいやすくなるよ。ネイティブ広告を掲載するときは、移動先のページの作り方にも注意が必要なんだ!