マイルストーンとは

「マイルストーン」とは、プロジェクトを完遂するために大切な中間目標地点のことを意味します。
もともとは、鉄道や道路で中間地点となる場所の距離を表すための標石を指しており、それがビジネス用語に転じてゴールに至るための中間目標という意味を持つようになりました。

たとえば、新商品を発売しようとするとき、いきなり商品開発をして発売するわけにはいきません。
市場調査を行って企画書を作成し、試作品を作成して、モニターテストをしてもらって…と多くのプロセスを踏む必要があります。
この一つひとつが、マイルストーンになるというわけです。

マイルストーンを設定することでプロジェクトの進捗が正確に把握できるようになり、必要に応じて修正、計画の見直しが行えるようになります。
また、経営層への進捗報告に使われることもあります。

マイルストーンはタスクやToDOリスト、フェーズやスケジュールなどと同じように捉えられることも多いですが、実際は異なったものであることを理解しておきましょう。
マイルストーンは、タスクやToDoリストのように個人に課されるものではなく、プロジェクト全体に課された目標で、フェースやスケジュールとは異なり、過程や日程の変化に依存せずに設定されるものです。
設定したマイルストーンは、ガントチャートなどで管理することが一般的です。

 
シニヤン

Web制作でいうと、「企画立案」「ワイヤーフレーム設計」「デザイン作成」「コーディング」「記事作成」…などがマイルストーンになるよ。ちなみに工程ごとに分業して、依頼してその分の報酬を支払うことを「マイルストーン払い」と言うんだ。