回遊率とは

「回遊率」とは、1訪問あたりのPV数のことです。
回遊率は「PV数÷訪問数」で求めることが可能で、回遊率が高いほど訪問者のエンゲージメントが高いということになります。

たとえば、300PVあるサイトの訪問数が100だったとき、回遊率は「300PV÷100=3」ということになります。
この場合、単純計算で1人のユーザーあたり3ページ回ったということになるわけです。

回遊率が高ければユーザーからの評価が高いサイトだと判断できることは先述のとおりですが、すべてのケースでそう判断できるわけではありません
なかには、「欲しい情報がなかなか見つからずに、サイト内を何度も行き来している訪問者がいる」ことも考えられるためです。
このように、離脱したくてもできない状態の訪問者が多いと回遊率は高くなりますが、サイト訪問者の満足度は低下してしまいます。

反対に回遊率が低い場合は、「一発で必要な情報が見つけられるサイトに仕上がっている」というポジティブな要因が影響しているケースもあります。
分析の際は回遊率の数字だけではなく、滞在時間やコンバージョン率といったさまざまな要素を見て複合的に判断することが大切です。

なお、回遊率とともにエンゲージメントも向上させるためには、訪問者のニーズを満たせる質の高いコンテンツの作成やCTRの設置、UI・UXを高めることが大切です。
ユーザー目線に立ったコンテンツの提供が、メディアの回遊率ひいてはコンバージョン率の向上には欠かせません。

 
シニヤン

ちなみに、回遊率はGoogleアナリティクスで調べられるよ!サイト全体のユーザーサマリー内の「ページ/セッション」の数字が回遊率だから、ぜひチェックしてみてね!