メタバースとは

「メタバース」とは、インターネット上に存在する三次元の仮想空間のことです。
英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語で、利用者は自分の分身であるアバターを利用し、この空間内で経済活動や社会生活を営むことができます。

なお、メタバースは以下の3つの要素を同時に備えてなければいけません。
パーセプション:人々がそこを現実世界のように感じ、行動できる環境になっている
ソーシャル:人々がつながり、ユーザーによって創造・提供されるコンテンツによって構築されている
エコシステム:メタバース自身とその経済インフラが半永続的に機能し、資産価値が認められて保証されている

近年は、メタバースをビジネスに活用する企業が増えてきました。
・バーチャルイベントを開催して参加料で収益化を目指す
・仮想空間で試着や試乗をしてもらい、販売促進を目指すマーケティング施策を実施する
・社員のコミュニケーションを促進して生産性を向上させる
上記のように、メタバースはビジネス上のさまざまな用途で活用されています。

場所や空間、人数などの制約がなくて他者と気軽に交流できるメタバースは、これからのビジネスにおいて欠かせない存在となっていくかもしれません。

 
シニヤン

メタバースは、近年よく耳にするようになったVR技術やAR技術を活用して構築されているよ。メタバースは、現実世界をVR空間内にトレースした世界のことなんだ。