マス広告とは

「マス広告」とは、大人数の大衆や群衆に向けた広告手段で、主にテレビ・新聞・ラジオ・雑誌といった4つの媒体を活用した広告のことです。
この4つの媒体を「マスメディア」と呼び、そこに掲載する広告をマス広告と呼びます。

ちなみにマスメディアごとに特徴や広告効果が異なるため、ここで簡単にご紹介します。
・テレビ広告:絶大な普及力があり、老若男女を問わずあらゆる層に告知できるため効果が非常に高い
・新聞広告:信頼性と公共性が高く、ブランド力のアップ効果が期待できる
・ラジオ広告:比較的低コストで、インターネットと連携した訴求が得意
・雑誌広告:狙ったターゲットに訴求しやすく、専門的な内容を伝えられる

マス広告は、どの種類であっても基本的に信頼性や即効性が高く、効果を感じやすい点がメリットです。

近年は、インターネット上で展開される広告である「デジタル広告」を活用する企業も増えてきています。
デジタル広告は特定のターゲットに向けて配信するため、不特定多数を対象としたマス広告と比べると期待通りの効果を得にくい傾向にあります。
企業や商品の認知度を上げたい場合不特定多数を対象に広告を打ち出したい場合は、デジタル広告よりもマス広告のほうが適しているでしょう。

 
シニヤン

マス広告は、広告効果が高いぶん費用がとっても高いんだ。比較的コストが抑えられるデジタル広告でも、適切な訴求ができれば高い効果を得られる可能性はあるよ。中小企業がマーケティングを行うときは、まずデジタル広告を検討しよう!