マーケティングとは

「マーケティング」とは、ターゲット市場のニーズを満たせる価値を提供し、顧客に届けることで利益を得ることを指します。

経営学者フィリップ・コトラーはマーケティングを「マーケティングと販売は、ほとんど正反対とも言える活動だ」と表現しており、ピーター・ドラッカーは「マーケティングの目的は、販売を不要にすることだ」と言っています。

このことから、商品を売り込むのではなく、売り込まなくても自ずと売れていく仕組みを構築することをマーケティングと定義できることがわかります。
売り込まなくても商品が売れるようにするためには、顧客のニーズに合った商品を開発するだけではなく、適切な情報を適切なターゲットに向けて発信することが大切です。

なお、マーケティングは以下の3つのプロセスで行なわれます。
市場調査(リサーチ):売れる商品を企画するための調査
広告宣伝活動:マスメディアやデジタルマーケティングなどを通して情報を発信する
効果検証:活動が売上に結びついたかを検証し、ブラッシュアップする

大量の消費者を対象とするマスメディアを活用した「マスマーケティング」や、ブログやSNSを活用した「コンテンツマーケティング」など、マスマーケティングにはさまざまな手法があります。
ターゲット層の特性に合わせ、自社にとって最適なマーケティング手法を選ぶことが大切です。

 
シニヤン

「商品を売り込むこと」を重視する販売促進活動に対して、マーケティングは顧客が買いたくなる仕組みを構築する「お客様視点」を重視する活動なんだ。似ているようでまったく異なるから、しっかりと区別しておこう!