マーケットインとは

「マーケットイン」とは、消費者の声や意見にもとづいた商品開発や提供を行う考え方です。

ニーズに合った製品を開発するため、一定数の売上が見込めてリスクが少ない点が大きなメリットです。
消費者からの信頼度の向上リピーターの獲得効果もありますが、爆発的なヒットを生み出しにくく、企業の独自性やブランディングがしにくいというデメリットもあります。

マーケットインに対して、企業が作りたいものや自社の技術・強みを基準に商品を作ることを「プロダクトアウト」と言います。
従来はプロダクトアウトでも商品が売れていましたが、現代はさまざまなサービスや製品があるため、「良いもの」や「企業が作りたいもの」を作れば必ず売れるという時代ではなくなりました。
そのため、顧客が本当に求めている商品やサービスを作り出すことで、顧客の満足度を高めることに重点を置くべきだという考え方が広まりつつあります。

ただし「プロダクトアウトが悪でマーケットインが善」というわけではなく、両方の戦略を組み合わせて「自社の強みを活かしながらニーズを満たせる商品」を開発することが重要だと言われています。

 
シニヤン

マーケットインの事例としては、iPhone登場後の以降のスマートフォンがあるよ。iPhoneはプロダクトアウトで生み出された新しい商品だったけど、ニーズの高さから多くの企業が販売を始めたんだ。このことからも、両方の視点が大切だとわかるね。