LPとは

「LP(ランディングページ)」とは、ユーザーが検索結果や広告などを経由して、最初にアクセスするページのことと指します。
たとえば、「〇〇株式会社 会社案内」と検索したとき、表示されたのがその企業の会社案内のページであれば、そこがLPだということになります。

ただし、上記の意味は広義のLPであり、マーケティングにおいては狭義のLPを意味することのほうが多いです。

この場合のLPは、アピールしたい商品のサービスの訴求を行い、コンバージョンまで導く導線を敷いたWebページのことを指します。
1ページで完結する縦長の構成になっていることが多く、必要な情報やCVにつながるリンクがすべてまとめられている点が特徴です。

LPは、広告を見たユーザーの購買意欲を大きく左右する効果がある広告です。
サービスの概要やベネフィット、口コミなどを情報をコンパクトにまとめ、お問い合わせや商品購入などのアクションを促すページに仕上げることを意識しましょう。

 
シニヤン

ちなみに、お問い合わせボタンや商品購入ボタンなど、コンバージョンにつなげるリンクを「CTA」と言うよ。Webマーケティングでは頻出のワードだから、必ず押さえておこう!


CTA
「CTA(Call To Action)」とは、Webサイトの訪問者に対して具体的な行動に誘導すること、もしくはそのためのテキストなどのことです。何をCTAとす.....