類似ターゲティングとは

「類似ターゲティング」とは、自社のWebサイトを訪問したユーザーと似ているユーザー(類似ユーザー)に対し、自社の広告を配信する手法のことです。
新規ユーザーにアプローチしたいときに有効で、Google広告とYahoo!広告が類似ターゲティングに対応しています。

Google広告の場合は、各ユーザーの行動履歴を抽出することで類似ユーザーを抽出し、自動的にリスト化してくれます。
対してYahoo!広告では手動でリストを作成する必要がありますが、リストの作成は簡単に行うことが可能です。

類似ターゲティングは、自社のサイトに興味を持ってくれたユーザーに似たユーザに対してアプローチできるため、成果につながりやすいというメリットがあります。
ただし、対象ユーザーが少なかったりリストの質が低かったりすると、効果につながりにくいというデメリットがあることも理解しておきましょう。

 
シニヤン

リマーケティング広告と非常に似ているけど、類似ターゲティングは「新規ユーザー」をターゲットとしており、リマーケティング広告は「一度サイトを訪れたユーザー」に対して広告を配信するという違いがあるよ。意味が違うから、しっかりと区別しておこうね!

【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
ユーザーの興味・関心に対して最適化した広告を配信できる「ターゲティング広告」。デジタルマーケティングではとても重要な広告手法のひとつですが、どんな仕組みの広告な.....