ロングテールとは

「ロングテール」とは、インターネット販売などで「売れ筋商品の売上」を「あまり売れないニッチな商品の売上」が上回る現象のことです。
縦軸にアイテムの販売数、横軸に販売数が多い順にアイテムを並べたとき、販売数が少ないニッチな商品群が右側に長く並ぶことから、動物のしっぽを意味する「ロングテール」という名前がつけられました。

販売数が少ないアイテムをたくさん取り扱い、その総量で利益を得る考え方を「ロングテール戦略」と呼びます。
ロングテール戦略には、売上の安定やコストパフォーマンスの向上、不良在庫がなくなるといったメリットがあります。

従来の店舗販売のビジネスモデルにおいて、限られたスペースで商品を効率的に売るためには、たくさん売れる商品を選別して陳列することが一般的でした。
しかし、近年は以下のような理由からロングテール戦略が注目を集めるようになってきているのです。

①ECサイトにより物理的な制約がなくなった
②検索連動型広告で、さまざまなニーズに合った広告が安く出せるようになった

このロングテール戦略を活かしてビジネスを成功させているのが、大型ECモールのAmazonです。

なお、ロングテールに対抗する概念として「パレートの法則」というものがあります。
パレートの法則は、全売上の80%を20%の優良顧客が担っているため、その層をターゲットにマーケティングを行うことが重要だという考え方です。
対して、ロングテールは残りの80%の顧客もしっかりとターゲットにする考え方である点が特徴的です。

 
ビギニャー

ロングテールの考え方は、SEOやWebマーケティングの分野でも活用されているみたいです!検索数が少ないキーワード(ロングテールキーワード)で検索上位を目指す施策が、集客に効果的なんですって!