リスティング広告とは

「リスティング広告」とは、検索エンジンを使ったとき、検索されたキーワードに連動して掲載される広告のことです。
関心の高いユーザーに対して広告を表示させられるため、コンバージョン率が高くなりやすい点が特徴です。

キーワードを検索したときに一番上もしくは一番下の部分に表示される広告をリスティング広告と呼び、それ以外の検索結果を「オーガニック検索」と呼びます。

リスティング広告の掲載自体は無料で、広告がクリックされるたびに料金が発生する「クリック課金制」が採用されています。
広告主は「クリック1回の料金」でオークションを行い、入札金額に応じて料金を支払う必要があるのです。
たとえば決まった入札金額が300円の場合、3回クリックされれば「300円×3回=900円」の料金がかかることになります。

高い金額で入札するほど掲載順位は高くなり、ユーザーの目につきやすくなります。
ただし低品質な広告は上位表示されないため、掲載する際は広告の質を高めることも非常に重要です。

 
シニヤン

ちなみにリスティング広告を利用せず、オーガニック検索で上位表示を目指す施策を「SEO(検索エンジン最適化)」と言うよ。Webマーケティングでは必ず押さえておきたい言葉だから、あわせてチェックしておこう!


【初心者向け】リスティング広告って何のこと?その仕組みを徹底解説!
【初心者向け】リスティング広告って何のこと?その仕組みを徹底解説!
Webマーケティングでは定番ともいえる「リスティング広告」! よく知らないという人がいたとしても、その名を聞いたことのある人は多いはずです。今回は、今さら聞けな.....
SEO
「SEO(Search Engine Optimization)」とは、日本語で検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索エンジンのオーガニック検索で上位にコン.....