インサイドセールスとは

「インサイドセールス」とは、社内で行う非対面の営業活動のことを指します。
メールや電話、ダイレクトメールなどでターゲットや顧客とコミュニケーションを取り、商談の獲得や関係性の強化を目指していく手法です。
「内勤営業」や「リモートセールス」と呼ばれることもあります。

もともとは国土が広くて訪問営業をすることが難しいアメリカで生まれた手法で、見込み客とのコンタクトから契約、アフターフォローまですべて非対面で行うことを指していました。

日本では、獲得した見込み客とコミュニケーションを取りながら顧客の育成やアポイントの獲得を目指すためにインサイドセールスを行うことが多く、実際の商談や契約などは従来の訪問営業(フィールドセールス)に引き継ぐことが多くなっています。
この方法であれば移動の手間を最小限に抑えられるため、短時間で効率的な営業が可能となります。

情報収集が容易になった影響で、近年の購買活動は消費者主導のものになりました。
従来の訪問して売り込むスタイルのフィールドセールスでは、不信感を抱かれたり「押し売りだ」と思われたりするリスクが高まりつつあるため、コミュニケーションを取りながら購買意欲を高めるインサイドセールスに注目が集まっているのです。

インサイドセールスは効率的かつ成約率が高いうえ、少人数でも効果的な営業活動ができるというメリットがあります。
ただし、対面営業を好む企業もまだまだ多いため、取引先に応じて使い分けることが大切です。

 
シニヤン

どこまでの業務をインサイドセールスで行うべきかは、企業や商材によって異なるよ。一般的に「そのうち客」を育成するためにインサイドセールスを行うことが効果的だと言われているんだ。そのうち客を育成することを「リードナーチャリング」と呼ぶよ。