インバウンドマーケティングとは

「インバウンドマーケティング」とは、Webサイトやブログ、SNSなどで有益なコンテンツを発信し、ユーザーに自社を見つけてもらって見込み客を育成したり購買を目指したりするマーケティング手法です。
従来の顧客を見つけて追いかける手法とは異なり、ユーザーのニーズを汲み取って発信することで商品やサービスを見つけてもらい、支援しつつ購買につなげる点が特徴です。

なお、インバウンドマーケティングを実践するときは以下の3つのステップが重要になります。
①Attract(惹きつける):有益なコンテンツやコミュニケーションを通してユーザーを惹きつける
②Engaged(信頼の構築):ユーザーの課題に対する解決策の提供で信頼関係を構築する
③Delight(満足):サービスや商品の提供でユーザーの目標達成をサポートする

インバウンドマーケティングで必要となるコンテンツの作成や分析、運用は非常に手間とコストがかかるものですが、コンテンツが資産として蓄積される点が大きなメリットです。
購入意欲が高いユーザーを獲得しやすく、ブランドのイメージ向上効果や高い費用対効果が得られます。

 
シニヤン

ちなみに、営業マンが訪問したりDMを送ったりして商品を売り込むこと「アウトバウンドマーケティング」と言うよ。近年は、アウトバウンドマーケティングに対する抵抗感が高まってきているから、インバウンドマーケティングが重視されるようになったんだ。